山田耕史のファッションブログ

自分らしい服装が簡単に楽しめるファッション情報をご紹介しています。

ーおすすめ記事ー

タイムリーに情報発信?ニュースペーパータイプのカタログが増加中。

こんにちは。兼業主夫/ファッションアナリスト/ワークマン公認アンバサダーの山田耕史(@yamada0221)です。

初の書籍 「結局、男の服は普通がいい 世界一かんたん、一生使えるオシャレの方程式」発売中!

f:id:yamada0221:20200309113250j:plain

商品ページ:Amazon楽天ブックスヨドバシドットコム



我々の日頃の大事な業務の中に「カタログ集め」があります。




今や大手セレクトショップやブランドはWebカタログを公開しているところもありますが、

まだまだ少数派なのが現状です。

そんな中、昨年辺りから増加しているのが

ニュースペーパータイプのカタログです。

今手元にあるだけでもこんなにあります。


ナノユニバース、フリークスストア、シップス、ハリウッドランチマーケット、

ジュンレッド、ユナイテッドアローズ…

特にセレクトショップはどこも出していると言っても過言ではないと思います。

内容は大抵こんな感じで


打ち出しのスタイリングやアイテムの紹介といった

ファッション雑誌のグラビア的な内容。

シップスは一風変わっていて


デザイナーや業界人へのインタビュー記事が中心です。

最近ではクロコダイルのような

アダルト向けのブランドでもこのタイプを採用していて驚きました。


因みにこちら、ファッショナブルとは言い難い

ローカルなダイエーの店舗でゲットしたものです。

あのお店に来ている人はこれを持ち帰っているのでしょうか?w



このニュースペーパータイプの発信、

私としてはセブンデイズサンデイから始まったのかな?と思っているのですが

オリジンはどこなのでしょうか。


シーズン頭にカタログを一冊出して終わり、ではなく

シーズントレンドに対応した情報をタイムリーに発信出来るので

今後もっと増えていくのではないでしょうか。


※注
ここで述べられている内容は書き手の所属する組織・団体の主張を
代表・代弁するものではなくあくまでも筆者一「個人」としてのものです。