山田耕史のファッションブログ

自分らしい服装が簡単に楽しめるファッション情報をご紹介しています。

ーおすすめ記事ー

あなたが買ったオーバーサイズの服、ダサくなる日が近いです。

こんにちは。兼業主夫/ファッションアナリスト/ワークマン公認アンバサダーの山田耕史(@yamada0221)です。

初の書籍 「結局、男の服は普通がいい 世界一かんたん、一生使えるオシャレの方程式」発売中!

f:id:yamada0221:20200309113250j:plain

商品ページ:Amazon楽天ブックスヨドバシドットコム






面白いニュースです。

Vetementsのデザイナーが「オーバーサイズのデザインからはもう離れる」と語る - FNMNL (フェノメナル)

​ヴェトモンのデザイナー、デムナ・ヴァザリアほど現在「トレンドセッター」という言葉が似合うデザイナーはいないでしょう。世界中のファッション業界人が彼の一挙手一投足に注目している筈です。

僕はデムナはある意味遊び半分でファッションデザイナーの仕事をしているのではないかと思っています。遊び半分、と言っても悪い意味ではなく、ファッション業界を俯瞰した視点から眺め、「こんな事をしたらどうなるんだろう」と色々試しているような気がするのです。

ちなみに以前はこんな発言もしていますし、
Vetementsのデザイナーが自分のブランドの服は高すぎて買わないと述べる - FNMNL (フェノメナル)

最近ではこんな事も。​ 今までのファッション(業界)のあり方に揺さぶりをかけています​ね。

Vetements (ヴェトモン) がファッションウィークから無期限の撤退を発表 | THE FASHION POST [ザ・ファッションポスト]

そんな​ デムナが発信したオーバーサイズに世界中のファッション業界が全乗っかりしている最中に、その発信源が「もうやめる」と言ってしまうとは。こんな事今まで無かった​と思います。

「ストリート」「90年代」という流れに乗ってヴェトモンが打ち出したオーバーサイズというデザイン。


http://assets.vogue.com/photos/56d8a2d0116425057d3d1ebc/master/pass/_LUC3502.jpg

​デザイナーブランド、セレクトショップ、ファストファッションブランドなどのトレンドに敏感なブランドだけでなく、ベーシックなデザインで知られるユニクロまでが追従する今一番人気のトレンドです。


http://www.uniqlo.com/jp/store/feature/uq/cutsews/men/

さて、これからどうなるのでしょう。オーバーサイズというトレンドに追従していた​ 世界中のブランドは今後もオーバーサイズの服をつくり続けるのでしょうか​。それともやはり​ トレンドセッターに追従してオーバーサイズはやめてしまうのでしょうか​

どちらにせよ、​ オーバーサイズの賞味期限は短そう​ですね。

つまり、すぐにダサくなってしまうという事です。

オーバーサイズに限らず、ファッショントレンドは目まぐるしく移り変わっていきます。大枚を叩いて買った服も、数年後にはダサくなってしまいます。

 

www.yamadakoji.com



​これからもトレンドを追いかけて消耗を続けますか?

トレンドを追いかけている、という自覚が無い人でも知らず知らずのうちにトレンドデザインの服を買ってしまっています。世の中で売られている服のほとんどがトレンドを反映したデザインのものですから。

 

www.yamadakoji.com


では、どうすれば良いか。

ベーシックデザインの服を着ていれば、いつまでもダサくなりません。

 

www.yamadakoji.com



10年でも20年でも。

そしてベーシックデザインの服を組み合わせるだけで、あなたがイメージする「なりたい自分」に簡単になれます(その方法は近日当ブログで公開します)。

他人が決めたトレンドなんかに振り回されず、自分らしいファッションを楽しみましょう。

最後までご覧いただきありがとうございました!