山田耕史のファッションブログ

ファッションは生活であり、文化である。

ワークマンのポロシャツなのにテーラードジャケットにベストマッチな「持続冷感-1℃コットン半袖ポロシャツ」レビュー。

こんにちは。兼業主夫/ファッションアナリスト/ワークマン公認アンバサダーの山田耕史(@yamada0221)です。

初の書籍 「結局、男の服は普通がいい 世界一かんたん、一生使えるオシャレの方程式」発売中!

f:id:yamada0221:20200309113250j:plain

商品ページ:Amazon楽天ブックスヨドバシドットコム

f:id:yamada0221:20220207235807j:plain

ワークマンの2022年春夏新製品は、昨日が情報解禁日。

第一弾としてご紹介したのが、ワークマン×山田耕史「SOLOTEX リバーシブルワークスーツジャケット」「SOLOTEX 2WAYワークスーツパンツ」でした。

www.yamadakoji.com

f:id:yamada0221:20220207133546j:plain

f:id:yamada0221:20220207133537j:plain

今回ご紹介するのは、↑でジャケットのインナーとして着用していた「持続冷感-1℃コットン半袖ポロシャツ」です。
f:id:yamada0221:20220207133522j:plain

 

「ワークマンじゃないみたい」な洗練デザインポロシャツ

なんと言っても特筆すべきは、その洗練されたデザイン。こういう事を言ってしまってはアレですが、ワークマンじゃないみたいです。イマドキなセレクトショップに並んでいても全く違和感はない洗練度だと思います。その上品な印象。

f:id:yamada0221:20220207133455j:plain

 

洗練された印象を生み出す3つの要素

「持続冷感-1℃コットン半袖ポロシャツ」の洗練度が高いのには、3つの要素が影響しているからだと思います。

それの3つの要素とは以下の通り。

・シンプルで「モダン」なデザイン

・テーラードジャケットと相性の良い台襟付き

・上品な印象の生地

ワークマン×山田耕史共同開発製品の多くはシンプルでベーシックなデザインを追求しています。ですが、「持続冷感-1℃コットン半袖ポロシャツ」のデザインは「シンプルでベーシック」ではなく「シンプルでモダン」。モダン、つまり、より「今っぽさ」が強いデザインです。「今っぽさ」が一番強く感じられるのが、前立(ボタン部分)下端が斜めになっている箇所。この斜めのデザインが、洗練された印象を生み出しています

f:id:yamada0221:20220207230233j:plain

 

テーラードジャケットと馴染みが良い襟

次の要素は、襟を見ればわかります。

が、その前にポロシャツの代名詞と言える、ラコステのL.12.12の襟を確認してみましょう。

ラコステのポロシャツの襟は、見頃(ポロシャツ本体)に直接縫いつけられています。

f:id:yamada0221:20220207232745j:plain

これを踏まえた上で、ワークマン「持続冷感-1℃コットン半袖ポロシャツ」の襟を見てみると、襟のつくりがラコステとは違い、シャツと同じ台襟付きになっているがわかります。「持続冷感-1℃コットン半袖ポロシャツ」はポロシャツながら、シャツに用いられる襟のつくりが採用されている為、より洗練された印象になっているのです。台襟付きならば、一般的なポロシャツよりも圧倒的にテーラードジャケットとの馴染みが良くなります

f:id:yamada0221:20220207230239j:plain

 

キメが細かく光沢感のある生地

また、キメが細かく光沢感のある生地も、洗練された印象を高めるのに一役買っています。

f:id:yamada0221:20220207133507j:plain

「持続冷感-1℃コットン半袖ポロシャツ」という製品名にもある通り、この生地は表面はコットン100%、そして裏面はEXTREME ICEという冷感素材という、二重構造になっています。接触冷感素材は今や服だけでなく、寝具などにも採用されているので既に体感している方も少なくないと思いますが、着用したときのひんやり感がある、夏場に嬉しい機能素材です。
f:id:yamada0221:20220207133445j:plain

カラーバリエーションは今回ご紹介したグレージュの他、ホワイト、グレー、カーキ、ラベンダー、オリーブ、ベージュ、グリーン、パープル、ネイビー、そしてこちら↓のブラックの全11色展開です。

f:id:yamada0221:20220207133512j:plain

 

部屋着兼リモート会議ウェア

LLサイズを僕(176cm65kg)が着用するとこんな感じ。

機能性も快適性も高いので、部屋着や寝間着としても活躍してくれますし、そのままリモート会議に参加してもカジュアル過ぎる印象にはならないでしょう。業界にもよりますが、オフィスウェアとしても活躍可能な上品さ

 

 

f:id:yamada0221:20220207230244j:plain

 

そして、最初でもご紹介しましたが、「SOLOTEX リバーシブルワークスーツジャケット」とは非常に好相性。

f:id:yamada0221:20220207133546j:plain

 

お値段1,500円(税込)

「持続冷感-1℃コットン半袖ポロシャツ」のお値段ば1,500円(税込)。既に入荷している店舗もあるようなので、是非お近くのお店をチェックしてみて下さい。

2022年春夏新製品のご紹介はまだまだ続きます!

さて、ワークマン×山田耕史共同開発2022年春夏新製品のご紹介はまだまだ続きます。明日からは、今シーズン僕が一番お勧めしたい、この↓シリーズをご紹介する予定です。お楽しみに!