山田耕史のファッションブログ

ファッションは生活であり、文化である。

あのワークマンのリバーシブルスーツが更にアップデート!「SOLOTEX リバーシブルワークスーツジャケット」「SOLOTEX 2WAYワークスーツパンツ」2022年春夏新製品レビュー。

こんにちは。兼業主夫/ファッションアナリスト/ワークマン公認アンバサダーの山田耕史(@yamada0221)です。

初の書籍 「結局、男の服は普通がいい 世界一かんたん、一生使えるオシャレの方程式」発売中!

f:id:yamada0221:20200309113250j:plain

商品ページ:Amazon楽天ブックスヨドバシドットコム

f:id:yamada0221:20220207152453j:plain

ワークマンから初めてスーツ(セットアップ)が発売されたのが、ちょうど1年前の2021年春夏シーズン。テーラードジャケットでありながらリバーシブル仕様、そして高機能素材ソロテックス採用など、ワークマンならではの高い機能性と、ジャケットとパンツ併せて4,800円という驚きの低価格で、大きな話題となりました。

www.yamadakoji.com

www.yamadakoji.com

半年後の2021年秋冬シーズンでもソロテックススーツは発売されました。常に進化を続けるワークマン。ソロテックススーツも春夏製品と全く同じ仕様ではなく、素材やディティールがアップデートされていました。

www.yamadakoji.com

今回ご紹介する2022年春夏製品の「SOLOTEX リバーシブルワークスーツジャケット」「SOLOTEX 2WAYワークスーツパンツ」には、さらなるアップデートが加えられ、2月上旬に発売が予定されています。

そして2022年春夏では、これまで展開されていなかったスーツにマッチするインナーも発売されます。

 

シンプルでベーシックな「普通」のジャケット

まずは、「SOLOTEX リバーシブルワークスーツジャケット」のご紹介です。

ワークマン×山田耕史共同開発製品の最大の特徴はシンプルでベーシックなデザイン。「SOLOTEX リバーシブルワークスーツジャケット」も、ロゴプリントや配色などのデザインを全て廃した、極めてシンプルなデザインです。

f:id:yamada0221:20220207133123j:plain僕の著書「結局、男の服は普通がいい」で提案しているシンプルでベーシックなデザインの「普通服」は流行り廃りがないので長い期間着用可能で、誰にでも似合い、様々な種類の服と相性が良いというメリットがありますが、この「SOLOTEX リバーシブルワークスーツジャケット」も「普通服」の1つといえる製品です。

f:id:yamada0221:20200309113250j:plain

Amazon楽天ブックスヨドバシドットコム

ラペル(襟)、ポケットなどのディティールも、どれもシンプルでベーシック。

f:id:yamada0221:20220207133129j:plain

f:id:yamada0221:20220207133133j:plain

ポケットのフラップはしまい込む事ができます。

f:id:yamada0221:20220207133138j:plain

よりシンプルな印象になります。

f:id:yamada0221:20220207133143j:plain

袖口にはスナップボタン。

f:id:yamada0221:20220207133148j:plain

このスナップボタンがあると、袖をめくり上げたときの安定度が非常に高くなり、ずり下がりにくくなります。

f:id:yamada0221:20220207133153j:plain

背面も至ってシンプル。

f:id:yamada0221:20220207133159j:plain

ベント(裾の切れ込み)は中央のセンターベントというタイプです。

f:id:yamada0221:20220207133204j:plain

 

 大反響を呼んだリバーシブル仕様

去年の製品発表時に大反響を呼んだ、「SOLOTEX リバーシブルワークスーツジャケット」のワークマンならではのギミックがリバーシブル。これは2022年春夏製品でも継続で採用されています。

f:id:yamada0221:20220207133209j:plain

こちら、製品タグでは「アクティブモード」と銘打たれています。普通のテーラードジャケットの方は「スーツモード」。

f:id:yamada0221:20220207133414j:plain

胸にはジップポケットと、フラップポケット。

f:id:yamada0221:20220207133214j:plain

フラップポケットの下にはベルトが隠されています。

f:id:yamada0221:20220207133224j:plain

このベルトは左見頃のボタンで留められることで、風の侵入や自転車に乗ったときなんかの襟のバタつきが抑えられるようになっています。

f:id:yamada0221:20220207133228j:plain

f:id:yamada0221:20220207133359j:plain

ボタンは「スーツモード」「アクティブモード」それぞれに付けられています。

f:id:yamada0221:20220207133232j:plain

f:id:yamada0221:20220207133237j:plain

両裾にはジップポケットがあり、ジャケット全体を折り畳んで左側のポケットに入れ込むことで、パッカブルになります(後述します)。

f:id:yamada0221:20220207133218j:plain

「アクティブモード」の背面です。

f:id:yamada0221:20220207133242j:plain

裾にはリフレクタープリントが施されており、夜道での安全性が高められています。

f:id:yamada0221:20220207133247j:plain

このリフレクターは実はモールス信号になっているということを教えてくれたのはタレントの石井正則さん。去年はこの「SOLOTEX ワークスーツ」がきっかけで、ラジオ番組にも呼んでいただきました。

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by 山田耕史 (@yamada0221)

www.instagram.com

フードは脱着式。

f:id:yamada0221:20220207133252j:plain

このフード、リアルワークの現場では使う人が多いそうです。f:id:yamada0221:20220207133257j:plain

フードにはスピンドルが付けられ、フィット感が調節可能。

f:id:yamada0221:20220207133302j:plain

 

ソロテックス素材だからテーラードジャケットなのにラクチン

製品タグに記載されている「SOLOTEX リバーシブルワークスーツジャケット」の機能の数はなんと11

f:id:yamada0221:20220207133354j:plain

その中でも、製品名にも冠されている事からもわかる通り、ソロテックス素材が

「SOLOTEX リバーシブルワークスーツジャケット」の一番の特色で、テーラードジャケットながら、生地が軽く、非常に伸び縮みするので、着ていてもとってもラクチン

また、2022年春夏製品に使用されている生地には、よりハリとコシがあってシワになりにくいというアップデートも加えられています。

ソロテックスにはポリウレタンが用いられておらず、劣化しづらいのにストレッチ性が高いという夢のようなメリットがあります。

その他にも、以下のような特徴があります。

・想像を超える心地よい肌ざわり

・シワになりにくく型崩れにも強い

・軽やかに伸びて、身体に馴染む

・天然素材とも調和して、相手の良さを活かします

・ふんわり、しなやかなクッション性が長持ち

・鮮やかで高級感のある深い色合いが続く

・植物生まれの原料を一部使い、地球環境にも配慮

m.solotex.net

メンテナンスも簡単。家庭の洗濯機で気軽に洗えます

f:id:yamada0221:20220207133404j:plain

 

2022年春夏製品に採用された新機能

また、2022年春夏製品から採用された新しい機能がドロップテック水を滑らせて雨をよけるという、面白い機能です。

f:id:yamada0221:20220207133418j:plain

f:id:yamada0221:20220207133422j:plain

お値段2,900円(税込)

これだけの機能が揃った「SOLOTEX リバーシブルワークスーツジャケット」のお値段は、2,900円(税込)

f:id:yamada0221:20220207133408j:plain

 

 スポーツもこなせるスラックス

続いて、「SOLOTEX 2WAYワークスーツパンツ」のご紹介です。「SOLOTEX リバーシブルワークスーツジャケット」同様、シンプルでベーシックなデザイン。いわゆるスラックスの仕様で、「SOLOTEX リバーシブルワークスーツジャケット」だけでなく、様々なトップスやシューズとの相性が良好です。

f:id:yamada0221:20220207133306j:plain

ジャケット同様ソロテックス素材なので、軽くてストレッチ性が高く、ちょっとしたスポーツなら余裕でこなせます

f:id:yamada0221:20220207133311j:plain

ウエストにはベルトループがあるのでベルトが付けられますが、背面がゴムのイージーウエスト仕様の上に紐も入っているので、ベルトレスでもパンツがずり落ちる心配はありません。

f:id:yamada0221:20220207133316j:plain

右側のポケットの隣には、ジップポケットが。

f:id:yamada0221:20220207133320j:plain

大きめのスマートフォンも入れられる大きさ。自転車に乗るときや、スポーツのときなどにスマートフォンや鍵などの貴重品を入れるのに最適です。

f:id:yamada0221:20220207133325j:plain

ジャケット同様、パンツの裾にもスナップボタンが配されています。

f:id:yamada0221:20220207133330j:plain

こちらもロールアップした裾がずり落ちるのを防止してくれます。

f:id:yamada0221:20220207133336j:plain

後面です。

f:id:yamada0221:20220207133341j:plain

ポケットは3つ。右側には2つポケットがあります。

f:id:yamada0221:20220207133346j:plain

下の方のポケットの袋布を取り出すと、いかにも現場作業、という雰囲気のギミックポケットが登場。リアルワークの現場だけでなく、日曜大工や機械いじりの時も役立ちそうです。

f:id:yamada0221:20220207133441j:plain

f:id:yamada0221:20220207133431j:plain

左側のフラップの下もジップポケットになっています。

f:id:yamada0221:20220207133350j:plain

この左側のポケットにパンツ全体を入れ込むことで、パッカブルになります。右側はジャケットをパッカブルにした状態。

f:id:yamada0221:20220207133555j:plain

「SOLOTEX 2WAYワークスーツパンツ」にも、以下の11の機能が搭載されています。ジャケット同様、水を滑らせるドロップテックも装備。

f:id:yamada0221:20220207133426j:plain

 

お値段は1,900円(税込) 

「SOLOTEX 2WAYワークスーツパンツ」のお値段は1,900円(税込)f:id:yamada0221:20220207133436j:plain

ジャケットとパンツ合わせて4,800円というお手頃価格はワークマンならではですね。

 

 着用感

ジャケット、パンツ共にLLサイズを176cm65kgの僕が着用してこんな感じ。

f:id:yamada0221:20220207133546j:plain

裾にボタンが付いている為パンツ裾上げはできませんが、ロールアップなどをしなくても問題ありません。

f:id:yamada0221:20220207133551j:plain

そしてこちらが「アクティブモード」。

 

f:id:yamada0221:20220207133528j:plain

フードを被るとこんな感じ。

 

f:id:yamada0221:20220207133537j:plain

ドロップテック加工が施されているので、ちょっとした雨の時のレインコート代わりにも使えるでしょう。

f:id:yamada0221:20220207133541j:plain

 

 ジャケットに合うインナーもワークマン

そして、ジャケットのインナーに着用していたのもワークマンの2022年春夏新製品です。こちらは「持続冷感-1℃コットン半袖ポロシャツ」。こちら、詳しくは明日の記事でご紹介する予定ですので、お楽しみに。

 

f:id:yamada0221:20220207133522j:plain