山田耕史のファッションブログ

自分らしい服がわかるファッションブログです。

今、一番オシャレなミュージシャンは「30年前の永井真理子」説。

こんにちは。ファッションアナリスト/ワークマンマスター/兼業主夫の山田耕史​(@yamada0221)です。

<有料note発売中です>
普通の40代以上ためのメンズカジュアルファッションマニュアル
どこで何を買えばいいかわかる。メンズファストファッション・低価格ブランド徹底解説。【ユニクロ・ GU・ZARA・H&M・無印良品・GAP・Forever21・ワークマン】

<ワークマン公式オンラインストアでオススメ商品コラム連載中>
f:id:yamada0221:20181113131353j:plain
プロが伝授!ワークマンでカジュアル!普段着コーデ


・永井真理子、すんごい今っぽい。

 


内容が面白くて更新が楽しみなオンライン古着屋さんのブログでみたこの画像とコメント。


2018/5/27 | AnoLuck

この永井真理子さんの「Fight!」は1988年に発売された、ちょうど30年前の作品です。それが本当に「今っぽさ」を感じされるコーディネートでびっくりしてツイートしたところ、結構な反響がありました。



調べてみると、他にも魅力的な画像がたくさん見つかりました。









・永井真理子、ヴェトモンと完全に一致


特にこちらのコーディネート





おじさんっぽさを感じさせるアウターをオーバーサイズでカバっと着るコーディネートは、前衛的な作風で今一番人気のデザイナー、デムナ・ヴァザリアが手掛けるブランド、ヴェトモンやバレンシアガの雰囲気にそっくりです。

 
VETEMENTSさん(@vetements_official)がシェアした投稿 -


 
VETEMENTSさん(@vetements_official)がシェアした投稿 -


 
Balenciagaさん(@balenciaga)がシェアした投稿 -


同じくおじさんっぽいジャケットのコーディネートもバレンシアガとかなり近い雰囲気


愛こそみんなの仕事


 
 ​

 
Balenciagaさん(@balenciaga)がシェアした投稿 -

​こちらはポーズも含め、今にもヴェトモンのインスタに登場しそうです。 

 
 
 
VETEMENTSさん(@vetements_official)がシェアした投稿 -
 
他にも、シャツを色落ちしたジーンズにタックインするコーディネートなど、「デムナ・ヴァザリアの元ネタは永井真理子だったのか?」と思ってしまうほどの一致っぷり。


永井 真理子 /(廃盤)レディ・ステディ・ゴー | 中古 | シングルCD | 通販ショップの駿河屋



 
Balenciagaさん(@balenciaga)がシェアした投稿 -
        
 

・2018年のファッションリーダーは永井真理子だ!


ファッションは巡る、とはよく聞くセリフですが、30年前のファッションがこんなにも今の気分にピッタリ来るとは思いもよりませんでした。

魅力的な永井真理子さんのファッションはまだまだたくさんあります。特にCDジャケットはデザインも含め秀逸なものが多いので、ご紹介していきましょう。

僕が一番気に入っているのがこちら。ロールアップしたダメージジーンズに白靴下、そしてプレーントゥの革靴。トップスはオーバーサイズのロンTでしょうか。もちろんハイウェストでタックイン。
表情もポーズもフォントも配色もすべて完璧なデザインだと思います。

元気予報

 

やっぱり色落ちしたジーンズに白Tシャツをタックイン、というコーディネートは今っぽいですね。裾はロールアップ。靴はローファーやスニーカーなど様々です。

White Communication~新しい絆/CATCH BALL

 

23才

 

Miracle Girl


 

WASHING

 
 
こんな激太アームホールのTシャツ、今っぽいけど今売ってますかね?ネック部分をカスタマイズもいい感じ。

ZUTTO

​オールブラックだと、ちょっとモードな感じ。

THE BEST OF ROCK

 

​これはグラフィックも格好良いです。

レインボウ

 
​ 
冬にはこんなアラン編みのざっくりニットも良いですね。 ​

Tobikkiri
 
 
​ 

・80s芸能人を「ディグる」

 
1980年生まれの僕は、永井真理子さんのことはあまり知りません。テレビアニメ「YAWARA!」の主題歌である「ミラクル・ガール」を聴いた記憶がちょっとあるかな、ぐらい。
 
 
ですが、同じ時代に活躍したミュージシャンや芸能人には永井真理子さん以外にも「今っぽい」をファッションの人はいたはずです。
 
当時のミュージシャンや芸能人のスタイルを「ディグ」するのも面白いのではないかと思います。

最後までご覧いただきありがとうございました!