山田耕史のファッションブログ

ファッションは生活であり、文化である。

ワークマン×山田耕史の最高傑作。「リペアテック超軽量カーゴパンツ」徹底レビュー。

こんにちは。兼業主夫/ファッションアナリスト/ワークマン公認アンバサダーの山田耕史(@yamada0221)です。

初の書籍 「結局、男の服は普通がいい 世界一かんたん、一生使えるオシャレの方程式」発売中!

f:id:yamada0221:20200309113250j:plain

商品ページ:Amazon楽天ブックスヨドバシドットコム

f:id:yamada0221:20220215153932j:plain

先週からご紹介しているワークマン×山田耕史共同開発「リペアテック超軽量」シリーズ。

www.yamadakoji.com

www.yamadakoji.com

昨日はその真打ちと考えている、「リペアテック超軽量シェフパンツ」をご紹介しました。

www.yamadakoji.com

今日は「リペアテック超軽量シェフパンツ」の対抗馬、いや、もしかしたら2022年春夏の本命かもしれない「リペアテック超軽量カーゴパンツ」をご紹介します。

f:id:yamada0221:20220215112137j:plain

 

軽くて軽くて軽すぎるカーゴパンツ

さて、「リペアテック超軽量」シリーズの最大の魅力はなんと言っても「驚くほどの超軽量生地」

「リペアテック超軽量カーゴパンツ」のタグにはLサイズの重量が約195グラムと記載されています。

f:id:yamada0221:20220215112331j:plain

手元にあるLLサイズの実測値は193.5グラム。なんと、Lサイズのカタログスペックよりも軽いという結果になりました。数グラムなら個体差でしょうね。

f:id:yamada0221:20220215112322j:plain

ちなみに、「リペアテック超軽量シェフパンツ」の209.5グラムだったので、「リペアテック超軽量カーゴパンツ」はそれよりも軽いんです。

f:id:yamada0221:20220214112125j:plain

「超撥水シェフパンツ」は511グラム。つまり、「リペアテック超軽量カーゴパンツ」の重量は一般的なパンツの40%以下という、驚異的な軽さを実現しているのです。

f:id:yamada0221:20220214112133j:plain

「リペアテック超軽量シェフパンツ」の記事でも触れましたが、これだけ軽いと、まるで何も穿いていないかのような穿き心地が体感できます。

「リペアテック超軽量カーゴパンツ」の生地も、軽いだけではなく薄く柔らかいので、歩く、走るや仕事のときだけでなく、座るや寝るなど、日常生活全ての行動が楽になります。

 

便利なウェビングベルト

さて、「リペアテック超軽量カーゴパンツ」の仕様を細かく見ていきましょう。

f:id:yamada0221:20220215112137j:plain

ウエストはクライミングパンツでよく用いられているウェビングベルト片手で簡単に締め具合を調節できるので、スポーツのときや、公園で子供と遊んでいるときなどに重宝します。

f:id:yamada0221:20220215112145j:plain

ゴムも入っている上に、ベルトループも付いているので、自分の好みの穿き方ができます。

f:id:yamada0221:20220215112141j:plain

このウェビングベルト、中央の丸い部分で留められており、その部分が動くようになっています。

f:id:yamada0221:20220215112150j:plain

f:id:yamada0221:20220215112154j:plain

丸い部分を押すと外れます。片手で簡単に外せるのでかなり便利です。

f:id:yamada0221:20220215112159j:plain

フロントはジップ仕様。なんだかんだでフロントはジップがあった方が便利だと思います。

f:id:yamada0221:20220215112204j:plain

 

単純に格好良いカーゴポケット

軽さに加え、僕的に「リペアテック超軽量カーゴパンツ」の魅力と考えているのがデザインの良さ

そのポイントとなっているのが、側面のカーゴポケットです。

f:id:yamada0221:20220215112209j:plain

個人的にはカーゴポケットってあまり使う機会がないのですが、それでも好きです。その理由は単純に格好良いから。「リペアテック超軽量カーゴパンツ」のシックな質感の生地も相まって、非常に良い雰囲気に仕上がっていると思います。

f:id:yamada0221:20220215112213j:plain

カーゴポケットはマチがあって立体的なつくり。

f:id:yamada0221:20220215112218j:plain

フラップにはマジックテープ。

f:id:yamada0221:20220215112224j:plain

服の縫製の経験がある人ならわかると思いますが、「リペアテック超軽量」シリーズに用いられている薄くて柔らかくて滑りやすい生地ってミシンで縫うの大変なんですよね。特にポケットなどの細かい部分なんて、僕だったら絶対に縫いたくありません笑。

f:id:yamada0221:20220215112228j:plain

 

ギミック満載の裾

こちらは裾の側面。一番下の部分、よく見ると中央の縫合部の左右にステッチがあります。

f:id:yamada0221:20220215112233j:plain

裾を裏返してみるとポケットのようなディテールが現れます。

f:id:yamada0221:20220215112237j:plain

このポケットの中に、裾を絞るドローコードが隠されています

f:id:yamada0221:20220215112241j:plain

ドローコードの先にある、小さなS字のプラスチックパーツで絞ったドローコードを固定します。

f:id:yamada0221:20220215112245j:plain

ドローコードやこうやって外に出すのも格好良いんですが、スポーツをするときなんかは引っ掛けてしまわないか心配になります。

f:id:yamada0221:20220215112250j:plain

そんなとき、この内側のポケットのようなところにドローコードを入れておけるようになっているのです。特にロードバイクなどの自転車に乗る場合は裾からドローコードが出ているとチェーンに引っ掛かってしまいとても危険ですが、このようなディテールがあると安心です。

f:id:yamada0221:20220215112241j:plain

更に、股下はクライミングパンツ同様ガゼットクロッチになっており、脚の可動域が高められています。それに加え、ガゼットクロッチだと股下に縫い目がないので、長時間自転車に乗っても股が痛くならないというメリットもあります。

f:id:yamada0221:20220215112254j:plain

後面はポケット2つ。左はマジックテープ、右にはリフレクターテープが付いています。

f:id:yamada0221:20220215112259j:plain

カラーバリエーションは↑のダークグリーン、↓のブラック、そしてゴールドカーキの3色。

f:id:yamada0221:20220215112303j:plain

f:id:yamada0221:20220215112308j:plain

f:id:yamada0221:20220215112313j:plain

ブラックは生地の質感の良さが更に引き立ちます。

f:id:yamada0221:20220215112318j:plain

 

エッグシステムでコンパクトに収納

超軽量、リペアテックに加え、高撥水、そして卵型にコンパクトに収納できるエッグシステムも採用。

f:id:yamada0221:20220215112336j:plain

右後ろポケットの裏側に卵型のメッシュ生地が。

f:id:yamada0221:20220215112341j:plain

全体を畳んでここに入れ込みます。

f:id:yamada0221:20220215112346j:plain

すると、こんなにコンパクトに。アウトドアや旅行でかなり重宝するでしょう。

f:id:yamada0221:20220215112351j:plain

 

合わせる服を選ばないシンプルでベーシックなデザイン

僕(176cm65kg)はLLサイズでちょうどいい感じ。

f:id:yamada0221:20220215112118j:plain

裾を絞ると、雰囲気も少し変わります。

f:id:yamada0221:20220215112103j:plain

f:id:yamada0221:20220215112108j:plain

以前、ピストがブームになったときに、こうやって片方の裾を捲くりあげる着方が人気になったことがありました。自転車に乗るときの安全確保だけでなく、体温調節にも役立ちます

f:id:yamada0221:20220215112113j:plain

こちらはブラック。

 

f:id:yamada0221:20220215112122j:plain

これまでご紹介した数々の機能は全てリアルワークに役立つものばかり

f:id:yamada0221:20220215112127j:plain

それに加え、デザインは非常にシンプルでベーシック

f:id:yamada0221:20220215112132j:plain

僕が著書「結局、男の服は普通がいい」で提案している、流行り廃りがないので長期間着用可能、誰にでも似合い、多様なデザイン、種類の服と相性が良い「普通服」

f:id:yamada0221:20200309113250j:plain

Amazon楽天ブックスヨドバシドットコム

「リペアテック超軽量カーゴパンツ」はワークマンならではの機能性の高さと、シンプルでベーシックなデザインが融合した、現時点でのワークマンの最高傑作と呼べるアイテムだと思っています。

「リペアテック超軽量シェフパンツ」と並んで、2022年春夏のワークマン×山田耕史共同開発製品の中で、最もお勧めしたい一着です。

 

お値段1,900円(税込)

「リペアテック超軽量カーゴパンツ」のお値段は1,900円(税込)

f:id:yamada0221:20220215112326j:plain

上掲ツイートでもご紹介しているように、既に店頭に並んでいるお店も多いと思われます。

 

まだまだある「リペアテック超軽量」シリーズ

これまで4つの「リペアテック超軽量」シリーズをご紹介してきましたが、まだ他にも製品は発売されます。

明日以降もご紹介してきますので、お楽しみに。