山田耕史のファッションブログ

ファッションをもっと楽しく、もっと自由に。

ポール・ウェラーやゴダールに学ぶエフデジェの着こなし。【POPEYE 1987年9月16日号】

こんにちは。兼業主夫/ファッションアナリスト/ワークマン公認アンバサダーの山田耕史(@yamada0221)です。

初の書籍 「結局、男の服は普通がいい 世界一かんたん、一生使えるオシャレの方程式」発売中!

f:id:yamada0221:20200309113250j:plain

商品ページ:Amazon楽天ブックスヨドバシドットコム

f:id:yamada0221:20210415130919j:plain

90年代のファッション誌を中心に、昔のファッション誌のアーカイブを兼ねてご紹介する企画、ファッションアーカイブ。

これまでの記事はこちらから。

www.yamadakoji.com

 

 

80年代のファッショントレンドの流れ

前回に引き続き、今回もPOPEYE 1987年9月16日号をご紹介します。

www.yamadakoji.com

同じく前回でもご紹介していますが、80年代の日本のファッショントレンドの流れをざっくりとご紹介します。

1981年にコムデギャルソンとヨウジヤマモトがパリコレクションデビューし、カラス族と呼ばれる全身黒ずくめファッションが登場。 

f:id:yamada0221:20210414141921j:plain

https://www.pinterest.jp/pin/350717889708494500/

www.yamadakoji.com

その後、DCブランドブームが到来。DCとはデザイナーズ、キャラクターズの略で、マンションメーカーと呼ばれる原宿のワンルームマンションを拠点とした、若手デザイナーによる小規模ながら革新的なブランドが人気を集めます。

そんな80年代のDCブランドのアーカイブが手軽に読めるのが、以前当ブログでもご紹介した「'80sガールズファッションブック」です。

www.yamadakoji.com

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

'80sガールズファッションブック [ 竹村 真奈 ]
価格:2200円(税込、送料無料) (2020/9/7時点)

楽天で購入

 

全身真っ黒でストイックな雰囲気だったカラス族が発端となったDCブランドブームでしたが、1985〜86年のDCブランドブーム後期になると、多彩な色、柄が使われたポップな雰囲気に。

f:id:yamada0221:20200907101844j:plain

また、前期は前衛的かつ洗練されていたシルエットも、後期になるとルーズでゆったりシルエットに変化していました。

f:id:yamada0221:20200907101840j:plain

こういった流れの後、登場したのがエフデジェです。

エフデジェとはファッション用語で、ざっくりと言えば、上品なフレンチカジュアルという感じ。

『FDGE』(エフデジェ)とは、フランス語のFutur Directeur Generalの頭文字からなる造語です。
いわば、将来を約束された上流階級という意味合いのことです。特にこの階級の子弟を指します。
言い換えればフランス版「プレッピー」のようなものですわ。
【ファッション用語解説】’87年日本の情報雑誌ポパイが提唱した。 フランス語 将来を約束された階級という意味の略語。 上品でベーシックな装いをいう。

zabou.org

 

エフデジェ着こなし講座

巻頭エフデジェ特集の後の広告がトヨタランドクルーザー。超格好良い。超欲しい。

f:id:yamada0221:20210414101948j:plain

このグラフィックもいいですね。

f:id:yamada0221:20210414102004j:plain

フォントも素敵です。

f:id:yamada0221:20210414102023j:plain

エフデジェ特集は続きます。

”エフデジェ着こなし講座 普通の服を普通に着る。これがなかなか難しい。”

f:id:yamada0221:20210414102040j:plain

なんか僕の書籍のタイトルと似てますね笑。

f:id:yamada0221:20200309113250j:plain

商品ページ:Amazon楽天ブックスヨドバシドットコム

”基本的アイテム”は”白のBCシャツ、ステンカラーコート、フラノの二つボタンジャケット”。

”大活躍間違いなしの白のBDシャツ”は”ブロードの番手の高いものを選ぶ”。

f:id:yamada0221:20210414102057j:plain

で、白シャツとジーンズのコーディネート。一番上まで留めているボタンも上品さを演出する手段でしょう。

f:id:yamada0221:20210414102115j:plain

フレンチカジュアルっぽい、ホワイト☓ブラックのコーディネート。

f:id:yamada0221:20210414102127j:plain

クレジットを見ると、シャツはブルックスブラザーズ、ジーンズはリーと、アメリカブランドが中心。

f:id:yamada0221:20210414102144j:plain

ステンカラーコートやPコート。

f:id:yamada0221:20210414102201j:plain

裏地がチェック柄のコートはどこのだろう?と思ったらビームスFでした。

f:id:yamada0221:20210414102217j:plain

ホワイトを基調にしたコーディネート。

f:id:yamada0221:20210414102235j:plain

ブレザーのVゾーンはかなり深め。

f:id:yamada0221:20210414102309j:plain

”トラディショナルなブレザーが新鮮””でもトラッドにはしたくない”。どないやねん。

f:id:yamada0221:20210414102326j:plain

こんなコーディネート、リバイバルしたら面白そう。

f:id:yamada0221:20210414102342j:plain

 

白シャツの着こなし

モノクロページ。全体的に言えることですが、誌面のクオリティが非常に高いです。写真も文章も手抜かりなし。ついでに、広告のクオリティも高い。

f:id:yamada0221:20210414102359j:plain

白シャツの着こなし。スティング、ポール・スミス、ポール・ウェラー。

f:id:yamada0221:20210414102416j:plain

ポール・ウェラーは”FDG大賞ものテクニック”だそうです。

f:id:yamada0221:20210414102449j:plain

www.youtube.com

ウディ・アレン、ウォーホル。

f:id:yamada0221:20210414102433j:plain

 

 FDG集団キュリオシティ・キルド・ザ・キャット

”まさしく80年代のFDG集団、キュリオシティ・キルド・ザ・キャット”…知らなかったので調べてみました。

f:id:yamada0221:20210414102504j:plain

1980年代後半にイギリスで成功を収めたイギリスのポップバンドであり、1枚目のデビューアルバム、Keep Yourから「Down to Earth」、「Misfit」、「Ordinary Day」などのヒットシングルを発表しました

だそうで。YouTubeでチェックしてみると、ファッションも格好良いですが、音楽も今ウケそうな感じ。

www.youtube.com

www.youtube.com

マーガレット・ハウエル。当時はフレンチカジュアルの要素が強かったようです。

f:id:yamada0221:20210414102522j:plain

ローファーに白いソックス、いいですね。

f:id:yamada0221:20210414102538j:plain

 

エフデジェにかなり通ずる60年代映画

”1960年前後のファッションのコンセプトは、FDGにかなり通ずるものがある”そうで。

f:id:yamada0221:20210414102555j:plain

挙げられているのが、ジャン・リュック・ゴダールの「勝手にしやがれ」、ジーン・セバーグの「すてきなおバカさん」、アラン・ドロンの「太陽がいっぱい」。

www.youtube.com

www.youtube.com

「すてきなおバカさん」「太陽がいっぱい」はYouTubeでフル尺観られるっぽいです。日本語字幕はありませんが。

www.youtube.com

www.youtube.com

 

祐真朋樹構成のビームス広告ページ

”BEAMS NEWS”。ビームスの広告ページですね。

f:id:yamada0221:20210415104028j:plain

構成は祐真朋樹さん。POPEYE編集部に在籍していた頃でしょう。

f:id:yamada0221:20210415104046j:plain

レザーシューズはクラシックな面持ちのホーキンスと、アヴァンギャルドなダーク・ビッケンバーグ。…どっちもめっちゃ安いですね。ダーク・ビッケンバーグは90年代のイメージが強かったんですが、80年代から人気だったんですね。今やABCマートのイメージが強いホーキンスですが、1850年創業の老舗で、軍用ブーツやマウンテンブーツをつくっていた本格派シューズメーカーでした。

f:id:yamada0221:20210415104102j:plain

置き時計はブラウンかな?と思ったらタイメックス。格好良い。

f:id:yamada0221:20210415104118j:plain

ソックスは90年代後半のルーズソックスブームを巻き起こしたイージースミス。

f:id:yamada0221:20210415104136j:plain

コーデュロイのボタンダウンシャツ。

f:id:yamada0221:20210415104152j:plain

店舗は全部で10。当時は東京の他、熊本、京都、札幌にしかなかったんですね。

f:id:yamada0221:20210415104209j:plain

ソニー広告。

f:id:yamada0221:20210414102612j:plain

38万画素のビデオカメラ。24万円。

f:id:yamada0221:20210414102629j:plain

ちなみに、今僕が使っているスマートフォンの画素数は4800万画素。で2万円台です。技術革新凄い。

Xiaomi Redmi Note 9S
¥28,980
(記事執筆時の価格です)

f:id:yamada0221:20210415110141j:plain
|画像タップでAmazon商品ページへ|

デザインも内容も非常に高いクオリティ。

f:id:yamada0221:20210414102647j:plain

アラミスのスキンケア。

f:id:yamada0221:20210414102704j:plain

リー広告。

f:id:yamada0221:20210414102721j:plain

”FROM U.S.A”。

f:id:yamada0221:20210414102741j:plain

 

ロゴドーン、ダボダボシルエットのDCブランドスタイル

ここから、ブランドの広告ページが続きます。最初はDCブランド、カールヘルム。モデルは三上博史さん。

f:id:yamada0221:20210414102802j:plain

エフデジェはPOPEYEが提案した新しいスタイルですが、こういったロゴがドーンと入ったスタジャンなどは、当時流行していたDCブランド特有のデザイン

f:id:yamada0221:20210414102820j:plain

シルエットはかなりゆったり。

f:id:yamada0221:20210414102839j:plain

ダッフルコートもダボダボ。前回の記事でもご紹介しましたが、こういった既存のDCブランドのスタイルの次なるファッションとして提案されているのがエフデジェです。

f:id:yamada0221:20210414102856j:plain

後のマルイ系ブランド(当時もマルイで売られていましたが)、メンズメルローズ。

f:id:yamada0221:20210414102933j:plain

かなりフォーマルな印象。

f:id:yamada0221:20210414102952j:plain

f:id:yamada0221:20210414103010j:plain

f:id:yamada0221:20210414103027j:plainお次はインスパイアというブランド。アウトドア色が強め。

f:id:yamada0221:20210414103046j:plain

f:id:yamada0221:20210414103104j:plain

f:id:yamada0221:20210414103121j:plain

f:id:yamada0221:20210414103155j:plain

f:id:yamada0221:20210414103138j:plain

現在は岐阜武というメンズカジュアルメーカーがライセンスを取得して展開しています。

www.instagram.com

 

 FDGアウトドア

エフデジェのアレンジバージョンも提案されています。

”FDGコーディネート””こういうふうにアウトドアウェアを組み合せるのであります”

f:id:yamada0221:20210414103215j:plain

”このFDGアウトドアウェア。70年代のヘビーデューティー・アイビーとの違いは、とにかくシンプルにカラーバリエーションを楽しみ、トラッドっぽくみせてるところ”

f:id:yamada0221:20210414103232j:plain

ヘビーデューティーは当ブログで以前ご紹介しています。

www.yamadakoji.com

↑の記事でもご紹介していますが、ヘビーデューティーの聖典的存在が、1977年に発行された「ヘビーデューティーの本」。


 

ヘビーデューティーはLLBeanやケルティなどのアメリカの本格アウトドアブランドを中心とした機能性重視のスタイルでした。

ファッションベースのFDGアウトドアはヘビーデューティーとは全く違う、かなり上品なアウトドアスタイルです。

f:id:yamada0221:20210414103248j:plain

カセットテープのデザイン、格好良い。

f:id:yamada0221:20210414103304j:plain

 

菊池武夫スタイリングのアメリカンエフデジェ

”エフデジェ「ひと工夫」して着るのが、いちばん素敵”

f:id:yamada0221:20210414103322j:plain

スタイリングは菊池武夫さん。

f:id:yamada0221:20210414103340j:plain

スタジャンやカレッジスウェットなどのアメリカンスポーツスタイルをベースにしたエフデジェ、という感じでしょうか。

f:id:yamada0221:20210414103358j:plain

かなりミックスコーディネート。

f:id:yamada0221:20210414103414j:plain

ベースボールキャップにスウェードブルゾン、ツイードパンツ。

f:id:yamada0221:20210414103450j:plain

MA-1の下からシャツの襟を出すという斬新なコーディネート。

f:id:yamada0221:20210414103432j:plain

まだまだ続くエフデジェ特集はこちらの記事で。

www.yamadakoji.com

この記事があなたのお役に立てれば幸いです!