山田耕史のファッションブログ

ファッションをもっと楽しく、もっと自由に。

今、新鮮。1987年にPOPEYEが提案した山の手フレンチカジュアル”エフデジェ”まとめ。

こんにちは。兼業主夫/ファッションアナリスト/ワークマン公認アンバサダーの山田耕史(@yamada0221)です。
f:id:yamada0221:20181113133451p:plain LINE@:ブログをチェックするのが面倒な人へ。金曜日にその週の更新をあなたのLINEにお知らせします。

初の書籍 「結局、男の服は普通がいい 世界一かんたん、一生使えるオシャレの方程式」発売中!

f:id:yamada0221:20200309113250j:plain

商品ページ:Amazon楽天ブックスヨドバシドットコム

f:id:yamada0221:20210526124603j:plain

以前、4つの記事に分けてご紹介した、POPEYE 1987年9月16日号

f:id:yamada0221:20210414100434j:plain

www.yamadakoji.com

www.yamadakoji.com

www.yamadakoji.com

www.yamadakoji.com

この号の特集であり、誌面を通じて打ち出されていたのがエフデジェ

エフデジェとは、ざっくりと言えば上品なフレンチカジュアルという感じ。

『FDGE』(エフデジェ)とは、フランス語のFutur Directeur Generalの頭文字からなる造語です。
いわば、将来を約束された上流階級という意味合いのことです。特にこの階級の子弟を指します。
言い換えればフランス版「プレッピー」のようなものですわ。
【ファッション用語解説】’87年日本の情報雑誌ポパイが提唱した。 フランス語 将来を約束された階級という意味の略語。 上品でベーシックな装いをいう。

zabou.org

 

80年代のファッショントレンドの流れ

ここで、80年代の日本のファッショントレンドの流れをざっとご紹介します。1981年にコムデギャルソンとヨウジヤマモトがパリコレクションデビューし、カラス族と呼ばれる全身黒ずくめファッションが登場。 

f:id:yamada0221:20210414141921j:plain

https://www.pinterest.jp/pin/350717889708494500/

www.yamadakoji.com

その後、DCブランドブームが到来。DCとはデザイナーズ、キャラクターズの略で、マンションメーカーと呼ばれる原宿のワンルームマンションを拠点とした、若手デザイナーによる小規模ながら革新的なブランドが人気を集めます。

そんな80年代のDCブランドのアーカイブが手軽に読めるのが、以前当ブログでもご紹介した「'80sガールズファッションブック」です。

www.yamadakoji.com

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

'80sガールズファッションブック [ 竹村 真奈 ]
価格:2200円(税込、送料無料) (2020/9/7時点)

楽天で購入

 

全身真っ黒でストイックな雰囲気だったカラス族が発端となったDCブランドブームでしたが、1985〜86年のDCブランドブーム後期になると、多彩な色、柄が使われたポップな雰囲気に。

f:id:yamada0221:20200907101844j:plain

また、前期は前衛的かつ洗練されていたシルエットも、後期になるとルーズでゆったりシルエットに変化していました。

f:id:yamada0221:20200907101840j:plain

こういった流れの後、登場したのがエフデジェです。

上掲の記事では雑誌そのものをアーカイブすることを目的としているので、エフデジェについての印象が残りづらくなってしまったいました。

ですので今回は、エフデジェについての内容だけをピックアップし、エフデジェがわかりやすいように再構成してみました。

 

スタイルよく見える服が着たい

まずは表紙。”スタイルよく見える服が着たい”というキャッチコピーにはこの号で最も表現したい内容が凝縮されています。つまり、この言葉がエフデジェを象徴していると言えるでしょう。

f:id:yamada0221:20210414100434j:plain

そして、脇には”パンツはダボダボにサヨナラ。これ、ポイント”。

f:id:yamada0221:20210414100451j:plain

具体的な方法としてまず挙げられているのが、”これでスタイルよく見える!”と題されたアイテムの選び方。

自分のボディの各サイズを知ったうえでの繊細な服選び、これが、スタイルをよく、見せるための大切なポイント。従来のDC感覚の物選びではチョイ手強い。やはり、FDG感覚が必要なのです。”

ということで、DCブランドスタイルとは違う、新しいファッションであることが伺えます。

f:id:yamada0221:20210414101328j:plain

”とにかくダボダボならいいという考えは捨てたい”という一節から、いかにDCブランドブームがダボダボシルエット一辺倒だったのかが伺えます。

f:id:yamada0221:20210414101348j:plain

”コーディネートの基本はパンツ”。

f:id:yamada0221:20210414101407j:plain

”リーバイス501か505、ベルトなしで腰ではきます”。

f:id:yamada0221:20210414101425j:plain

”オールドイングランドか、ビームスFのチノ、プレスをかけて上品に。”

f:id:yamada0221:20210414101443j:plain

 

エフデジェの具体的なコーディネートは?

右ページはジャケットにタイドアップシャツ。”バランスよく魅せるとスタイルよく見える”というキャッチコピー。左ページはフレンチっぽいシャツにスカーフ。

f:id:yamada0221:20210414101536j:plain

右ページのジャケットの下に着たパーカはニット素材、左ページのカーディガンにチェック柄のスラックスなど、やはり上品なアイテム選び。

f:id:yamada0221:20210414101553j:plain

f:id:yamada0221:20210414101645j:plain

ナチュラルな雰囲気のアランニットにスカーフをコーディネートして、上品な印象に。

f:id:yamada0221:20210414101717j:plain

”フーデッドパーカは色めを抑えれば野暮にならない””

f:id:yamada0221:20210414101736j:plain

ミリタリーアウター、CWU-45Pのコーディネート。

f:id:yamada0221:20210414101812j:plain

コートのコーディネート。

f:id:yamada0221:20210414101903j:plain

”エフデジェ着こなし講座 普通の服を普通に着る。これがなかなか難しい。”

f:id:yamada0221:20210414102040j:plain

”基本的アイテム”は”白のBCシャツ、ステンカラーコート、フラノの二つボタンジャケット”。

”大活躍間違いなしの白のBDシャツ”は”ブロードの番手の高いものを選ぶ”。

f:id:yamada0221:20210414102057j:plain

ステンカラーコートやPコート。

f:id:yamada0221:20210414102201j:plain

”トラディショナルなブレザーが新鮮””でもトラッドにはしたくない”。

f:id:yamada0221:20210414102309j:plain

 

ミュージシャンに学ぶエフデジェの着こなし

白シャツの着こなし。

f:id:yamada0221:20210414102359j:plain

スティング、ポール・スミス、ポール・ウェラー。

f:id:yamada0221:20210414102416j:plain

ポール・ウェラーは”FDG大賞ものテクニック”だそうです。

f:id:yamada0221:20210414102449j:plain

ウディ・アレン、ウォーホル。

f:id:yamada0221:20210414102433j:plain

”まさしく80年代のFDG集団、キュリオシティ・キルド・ザ・キャット”

f:id:yamada0221:20210414102504j:plain

”1960年前後のファッションのコンセプトは、FDGにかなり通ずるものがある”。挙げられているのが、ジャン・リュック・ゴダールの「勝手にしやがれ」、ジーン・セバーグの「すてきなおバカさん」、アラン・ドロンの「太陽がいっぱい」。

f:id:yamada0221:20210414102538j:plain

”BEAMS NEWS”。ビームスの広告ページもエフデジェです。

f:id:yamada0221:20210415104028j:plain

エフデジェのアウトドアバージョン

”FDGコーディネート””こういうふうにアウトドアウェアを組み合せるのであります”

f:id:yamada0221:20210414103215j:plain

”このFDGアウトドアウェア。70年代のヘビーデューティー・アイビーとの違いは、とにかくシンプルにカラーバリエーションを楽しみ、トラッドっぽくみせてるところ”

f:id:yamada0221:20210414103232j:plain

f:id:yamada0221:20210414103248j:plain

 

 

菊池武夫スタイリングのアメリカンエフデジェ

”エフデジェ「ひと工夫」して着るのが、いちばん素敵”。スタイリングは菊池武夫さん。

f:id:yamada0221:20210414103322j:plain

f:id:yamada0221:20210414103414j:plain

エフデジェとは一体何?

こちらは服ではなく、インテリアでのエフデジェ。

f:id:yamada0221:20210414103507j:plain

”本棚というのは、その人の文化的背景のあらましである。これを他人の目にさらすのは、裸を見せるのも同然。が、ありがちな事態ではある。意識するあまり、洋書、哲学書だらけの本並べは友達をなくすのがオチ。そこらへんはさり気なく、知性と洒落っ気がバランスよく配された文化生活を垣間見せるものなのだ。”

f:id:yamada0221:20210414103539j:plain

”愛と勇気と美意識を備えた男の旅支度”。

f:id:yamada0221:20210414103631j:plain

”愛用したスポーツグッズが履歴書となるのだ”

”FDGスポーツ少年はおしゃれでなくてはつとまらぬ。流行りの種目はひととおり熱中し、用具やウェアにも当然こだわる”

f:id:yamada0221:20210414103647j:plain

”こだわり精神が、最も露骨に、正直に表われるのはやっぱりファッションよりもモノである”

f:id:yamada0221:20210414103740j:plain

”やっぱり、メイジャーすぎる一流品というのは避けてですね、まあ時計ならロレックスをハズして、シンプルなジャガールクルトのリバーソ(65万円)を”

f:id:yamada0221:20210419111937j:plain

 

エフデジェ的ジーンズ選び

”今年はデニムを気を入れて着る!”

f:id:yamada0221:20210414104046j:plain

”ブルゾンの下にはオフタートルを””Gジャンの衿元はスカーフで締める”

f:id:yamada0221:20210414104120j:plain

”ここが決め手。デニム着こなし術””ジーンズにローファーを合せる。これは、FDGファッションの基本だ”

f:id:yamada0221:20210414104154j:plain

”ジーンズカタログ”

f:id:yamada0221:20210414104246j:plain

”ちゃんとしたローファー一足もってるかい”

f:id:yamada0221:20210414104534j:plain

”やはり基本はアメリカ産バス・ウィージャン””ローファーの元祖と言えばこの靴”

f:id:yamada0221:20210414104551j:plain

”FDGローファー・カタログ”

f:id:yamada0221:20210414104641j:plain

 

エドウィンのジーンズをベースにしたエフデジェの着こなし

エドウィンタイアップページ。”新・山の手族に「エドウィン」がスタイルが良く見えるとと評判になっている”

f:id:yamada0221:20210414105720j:plain

”スタイルいいネ、て言われるのが一番うれしいのさ、ボク達”

f:id:yamada0221:20210414105752j:plain

 

エフデジェ的ヘアの決め手

”サラサラ髪が山の手エフデジェ的ヘアの決め手”

f:id:yamada0221:20210414111259j:plain

f:id:yamada0221:20210414111334j:plain

f:id:yamada0221:20210414111405j:plain

 

エフデジェまとめ

エフデジェを構成する要素を端的にまとめると、

・スタイルが良く見えるサイズ選び

・基本的アイテムは白のBCシャツ、ステンカラーコート、フラノの二つボタンジャケット

・ジーンズにはローファーを合わせる

・知性と洒落っ気がバランスよく配する

・ヘアスタイルのポイントはサラサラ髪

という感じでしょうか。

ちなみに、2021年の今はゆったりシルエットが大ブーム

 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 

A post shared by WEGO ウィゴー (@wego_official)

www.instagram.com

エフデジェ登場以前のDCブランドブームもシルエットはゆったりでした。

なので、もしかしたら今後、エフデジェ的ファッションがリバイバルするのではないか、と考えています。

今、どんなに素敵に感じられているファッションでも、いつかは飽きてしまう時が来ます。

今のゆるダボファッションに飽きた人が、適度に上品なエフデジェ的ファッションに新鮮味を感じる可能性は割と高いのではないかと思います。

この記事があなたのお役に立てれば幸いです!