山田耕史のファッションブログ

自分らしい服装が簡単に楽しめるファッション情報をご紹介しています。

ーおすすめ記事ー

トレファクで格安ゲット。ディッキーズのチノパンツ。【普通の服で格好良く】

こんにちは。兼業主夫/ファッションアナリスト/ワークマン公認アンバサダーの山田耕史(@yamada0221)です。

初の書籍 「結局、男の服は普通がいい 世界一かんたん、一生使えるオシャレの方程式」発売中!

f:id:yamada0221:20200309113250j:plain

商品ページ:Amazon楽天ブックスヨドバシドットコム

 

f:id:yamada0221:20200305163736j:plain

【普通の服で格好良く】では、シンプルで本質的なデザインの服である「普通服」の良さをご紹介します。

時代を超えて愛される普遍的な価値がある「普通服」にはたくさんのメリットがあります。

・誰にでも似合う

・コーディネートに悩まなくていい

・いつまでも着られる

・手頃な価格で手に入る

 

 トレファクスタイルで1,980円のディッキーズ

今回ご紹介するのは、ディッキーズのチノパンツです。

 f:id:yamada0221:20200305104804j:plain

近所のトレファクスタイルで1,980円で購入しました。定番の「874」です。

f:id:yamada0221:20200305124036j:plain

ディッキーズのチノパンツにはアメリカと企画された商品と日本で企画された商品があります。アメリカ企画は太めのシルエットでラフな雰囲気、日本企画は細身のシルエットでアメリカ企画よりも上品な雰囲気が特徴です。ライトオンなどの日本のカジュアルショップで取り扱われているのはだいたいが日本企画。アメリカ企画の商品はAmazonや楽天市場などで「アメリカ企画」「インポートモデル」などと表記して販売されています。

Dickies 874 ワークパンツ インポートモデル
¥3,770

(記事執筆時の価格です)

f:id:yamada0221:20200305163726j:plain
|画像タップでAmazon商品ページへ|

Dickies 874 Work Pant
2,420円

(記事執筆時の価格です)
f:id:yamada0221:20200305163731j:plain
|画像タップで楽天市場商品ページへ|

チノパンツの定番ブランドであるディッキーズは世界中で愛用されており、僕が訪れたトレファクスタイルでもたくさんのディッキーズのチノパンツが販売されていました。状態やデザインによって価格が大きく違い、僕が見たなかで最も安かったのが480円。そして、最も高かったのが今回僕が購入した1,980円でした。アメリカ企画の874です。

最高値の商品を買った理由はサイズと色とシルエット。ベルトレスでちょっとウェストを落とし気味に穿くのにちょうどいいサイズ。子供と公園などで遊ぶときも楽そうなアメリカ企画のゆったりとしたシルエット、そしてワークパンツの割に上品な印象のブラウンカラーが気に入りました。

f:id:yamada0221:20200305104804j:plain

太いベルトループと、フロントホック部分の見るからに頑丈そうなステッチがワークパンツらしさを物語ります。

f:id:yamada0221:20200305104823j:plain

f:id:yamada0221:20200305104815j:plain

太ももから膝にかけてのセンタープレスは薄くなっており、膝下部分に残るのみ。こういったアジが古着の魅力ですね。

f:id:yamada0221:20200305104836j:plain

生地はポリエステル65%、コットン35%のツイル素材。丈夫で乾きが早いというワークウェアならではの特徴があります。

f:id:yamada0221:20200305104848j:plain

バックショット。 

f:id:yamada0221:20200305105000j:plain

ディッキーズの象徴とも言える、ポケット上に縫い付けられたロゴ。

f:id:yamada0221:20200305105012j:plain

やはり太いベルトループ。 

f:id:yamada0221:20200305105020j:plain

僕はたいていのパンツは裾をロールアップして穿くんですが、裾を折り返すと白のチェーンステッチが見えました。

f:id:yamada0221:20200305105136j:plain

 

石油労働者向けパンツとして開発された874

ディッキーズの前身となったU.S.オーバーオール社は1918年にアメリカのテキサス州で創業。

f:id:yamada0221:20200305150919j:plain

dickies | Workwear vintage, Vintage clothing men, Dickies

オーバーオールやワークパンツ、ワークシャツといったワークアイテムの製造を手掛けます。

f:id:yamada0221:20200305151142j:plain

Men's Vintage Workwear - 1920s, 1930s, 1940s, 1950s | Vintage men, 1950s fashion menswear, Mens fashion wear

 1923年に874の原型となったカーキパンツの生産を開始。第二次世界大戦時にはアメリカ陸軍の制服の製造を請け負います。

874が生まれたのは1967年。地元テキサスの石油労働者向けパンツとして開発されました。

dickies.jp

 

ディッキーズはスケーター御用達

ディッキーズは単なるワークパンツではなく、ストリートカルチャーとの結びつきが深いという特徴があります。 

90年代には裏原宿を代表する人気ブランド「ヘクティク」のディレクターを務めてた江川芳文さんは、10代の頃からプロスケーターとして活躍していた、日本のスケーターの先駆け的存在でもあります。

そんな江川さんがディッキーズについて語っているのがこちらの記事。

www.houyhnhnm.jp

1991年くらいで、僕がまだ高校生のときだったと思います。当時スケートが本当に好きで、アメリカの大会によく出場していたんです。サンフランシスコに行く機会が多くて、そこではローカルのスケーターたちがこぞって〈ディッキーズ〉のワークパンツを履いていました。

みんな40インチくらいの大きなサイズを穿いていました

ウェストが細いとスケートするときに腰回りがツッパるんですよ。だからわざと大いサイズで穿いて動きやすいようにしていました。ベルトループには、靴ひもをベルト代わりに通すんです。いわゆるバックル付きのベルトだと、スケート中に転んだときバックルが当たって痛いので(笑)

 スケーターがベルト代わりに靴紐を使うことは知ってはいましたが、その理由が「転んだときバックルが当たって痛い」とは知りませんでした。

また、江川さんは別のインタビューでこうも語っています。

Dickiesと聞いて思い浮かぶスケーターは、もちろんサルマン・アガー、そしてリック・ハワード、ウェイド・スパイヤーとかかな。マイク・キャロルはDickiesというよりかはBen Davisのイメージ。リック・ハワードは霜降りがかった茶色とかをPlan Bのビデオとかで履いていたよね

inthelife.club

インタビューで触れられているサルマン・アガーはこちらの方。Tシャツの色とグラフィックがいかにも90年代。さすがに履いているのがディッキーズかどうかはわかりませんが、ベージュのチノパンツのようです。 

f:id:yamada0221:20200304174300j:plain

Salman Agah #4. | スケートボード

スケーターが穿いているのはベージュのチノパンツというイメージを勝手に持っていましたが、調べてみると江川さんがインタビューで語っているように、ブラウンのパンツを穿いたスケーターの写真も数多く見つかりました。

f:id:yamada0221:20200304174257j:plain

Пин от пользователя Masha на доске фотки | Позы действий, Позы тела, Скейтборд

シャツにブラウンのチノパンツという上品な服装のスケーターも。

f:id:yamada0221:20200304174253j:plain

October 2010 in 2020 | Thrasher magazine, Thrasher, Thrasher skate

僕はスケートカルチャーを全く通ってきていないのですが、スケーターにはちょっとした憧れがあります。その憧れから30代後半でスケートデビューをしようと画策したこともありましたが、近くにある公園全てでスケボー禁止であることが判明し、断念しました。

でも、スケーター御用達のディッキーズ874を穿けば、ちょっとでもスケーター気分が味わえるかもと思っています。

 

チノパンツと相性の良いファッションのジャンル

「普通服」であるチノパンツと相性の良いファッションのジャンルは多数存在します。ルーツである<ワーク>や<ミリタリー>、ご紹介したようにゆかりの深い<スケート>はもちろん、<アメカジ><アウトドア><ヒップホップ><ナチュラル><アメトラ>とはかなり密接な関係です。

また、<ブリティッシュ><ロック>などとも相性は良好で、まさに合わせる服を選びません

f:id:yamada0221:20200217143601j:plain

僕が着てみたいと思うコーディネートをご紹介します。まずは、シンプルに無地のTシャツと。Uniqlo UのクルーネックTはワークアイテムを彷彿とされる肉厚な素材感でディッキーズとは相性良好。

f:id:yamada0221:20200305105705j:plain

www.yamadakoji.com

<ワーク>アイテムであるワークシャツや、

f:id:yamada0221:20200305110346j:plain

<スケート>ブランドの代表格であるステューシーのTシャツとの相性はもちろん抜群です。

f:id:yamada0221:20200305105253j:plain

<アメトラ>を代表するブランド、ポロ・ラルフローレン。トラッド感の強いストライプ柄のオックスフォードシャツとも違和感なく合わせられます。

f:id:yamada0221:20200305110110j:plain

個人的に着たいと思っているのが、コムデギャルソンシャツとのコーディネート。

f:id:yamada0221:20200305105905j:plain

<モード>感が強いパッチワークデザインのシャツにも難なく合わせられる懐の深さがディッキーズの魅力でしょう。

f:id:yamada0221:20200305105856j:plain

 

 

汚れてもアジになるから安心

また、ワークウェアらしく汚れてもアジになるのが専業主夫の僕にとって嬉しいポイントです。公園遊びはもちろんのこと、乾燥肌の保湿用塗り薬など、子育てをしていると洗っても落ちない汚れが服についてしまうことは数多くあります。

ですが、ある程度の汚れならアジになるディッキーズならば安心。インドアでもアウトドアでも、どんなシーンでも活躍してくれそうです。

この記事があなたのお役に立てれば幸いです!