山田耕史のファッションブログ

ファッションは生活であり、文化である。

土屋アンナがずぶ濡れに!なっても平気だった、ワークマンの高機能ダウンの正体。

こんにちは。兼業主夫/ファッションアナリスト/ワークマン公認アンバサダーの山田耕史(@yamada0221)です。
f:id:yamada0221:20181113133451p:plain LINE@:ブログをチェックするのが面倒な人へ。金曜日にその週の更新をあなたのLINEにお知らせします。

初の書籍 「結局、男の服は普通がいい 世界一かんたん、一生使えるオシャレの方程式」発売中!

f:id:yamada0221:20200309113250j:plain

商品ページ:Amazon楽天ブックスヨドバシドットコム

f:id:yamada0221:20211001105006j:plain

昨日開催された、ワークマンの過酷ファッションショー

www.fashionsnap.com

画像は↑の記事に沢山掲載されています。↓は当日の生中継のインスタライブのアーカイブ。ショーは開始後30分くらいから。

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by ワークマン公式 (@workman_plus)

www.instagram.com

ちょっと画質が悪いですが、近日中に高画質で編集された動画も公開されるそうです。

実はこのショー、2ステージありました。最初にご紹介した記事は1ステージ目。そして、2ステージ目は内容が少し違っており、↓の記事でも紹介されているように、ショーの終盤に土屋アンナさんが登場してずぶ濡れになるという演出があったんです。

news.yahoo.co.jp

その様子が動画でアップされていました。出番を終えた僕もステージの脇で見ていたんですが、かなりの迫力に圧倒されました。

www.youtube.com

 

嵐にも耐えられるハイスペックダウンジャケット

激しい雨風を浴びる土屋アンナさん。

f:id:yamada0221:20211001100040j:plain

https://kawasaki.keizai.biz/gpnews/1017196/

ですが、インナーは全く濡れていません。

f:id:yamada0221:20211001094440j:plain

https://hochi.news/articles/20210930-OHT1T51206.html

そんな高い防水性を発揮したのが、ワークマン×山田耕史共同開発製品の「イージスダウンジャケット」なんです。

www.yamadakoji.com

以前も当ブログでご紹介したのは真っ黒のモデルだったので、同じ製品には見えないかもしれませんが、色違いの同製品です。

f:id:yamada0221:20210823142842j:plain

「防水」をキーワードにしたブランドであるイージスブランドの製品で、耐水圧20,000mm、透湿度5,000g/㎡/24hというハイスペック。

ちなみに、耐水圧と透湿度の目安は以下の通り。耐水圧20,000mmならば、嵐にも耐えられるということです。とにかく、今回のショーを見ればその機能性の高さが一目瞭然でしょう。

f:id:yamada0221:20191009111447j:plain

 

徹底的にこだわったシンプルデザイン

汎用性が高いブラックもいいんですが、個人的に気に入っているのはベージュとオリーブ。「イージスダウンジャケット」は5.800円とは思えない、非常に質感が良い生地が使われているのも是非お伝えしておきたい魅力です。

f:id:yamada0221:20210922111233p:plain

ロゴや不要な要素は徹底的に廃した超シンプルなデザインなので、どんな服にも併せられますし、老若男女誰にでも似合うと思います。

f:id:yamada0221:20210823141407j:plain

 

10月中旬発売予定

さて、このワークマン×山田耕史「イージスダウンジャケット」はまだ店頭に並んでいません。

ブラック、ベージュ、オリーブは10月中旬発売予定

土屋アンナさん着用のイエロー×ブラックは11月発売予定だそうです。

最近はインスタグラムで入荷情報を発信している店舗も多いので、お近くの店舗のアカウントを探してフォローしておくのもオススメです。

 

花火がかかっても平気なモンスターパーカー

ちなみに…僕もファッションショーに登場しました。

「フュージョンダウンFLAMETECHモンスターパーカー」のご紹介をしたんですが、やっぱりプロのモデルさんが着ると超格好良いですね。

f:id:yamada0221:20211001103601j:plain

火の粉が飛んでも穴が空きにくい防融加工が施されているので、花火ががっつりかかっても平気です。

f:id:yamada0221:20211001103605j:plain

詳しくレビュー記事はこちら。

www.yamadakoji.com

こちら、既に入荷しており完売している店舗が多いようですが、中の人によると近々入荷するかも、とのことです。もし詳しくわかったら、ツイッターでお伝えします。

その他、ショーには多数のワークマン×山田耕史共同開発製品が登場しています。2021年秋冬の共同開発製品はこちらの記事でまとめてご紹介しています。

www.yamadakoji.com

最後に。今回は非常に貴重な体験をさせていただきました。全ての関係者の方、インスタライブを見ていただいた方、そしてこの記事を読んで下さっている方に感謝いたします。ありがとうございました。