山田耕史のファッションブログ

自分らしい服装が簡単に楽しめるファッション情報をご紹介しています。

ーおすすめ記事ー

【関税・消費税無料】アメリカのAmazonでワークシャツをポチッてみました。【個人輸入】

こんにちは。兼業主夫/ファッションアナリスト/ワークマン公認アンバサダーの山田耕史​(@yamada0221)です。

<有料note発売中です>
普通の40代以上ためのメンズカジュアルファッションマニュアル
どこで何を買えばいいかわかる。メンズファストファッション・低価格ブランド徹底解説。【ユニクロ・ GU・ZARA・H&M・無印良品・GAP・Forever21・ワークマン】

<ワークマン公式オンラインストアでオススメ商品コラム連載中>
f:id:yamada0221:20181113131353j:plain
プロが伝授!ワークマンでカジュアル!普段着コーデ

 f:id:yamada0221:20190813121417j:plain

兼業主夫の格好良くてお手頃価格のエプロン探し

兼業主夫になって結構時間が経ちましたが、 ふとしたきっかけでエプロンが欲しくなり、格好良くてお手頃価格のエプロンをリサーチした過程を以前の記事でご紹介しました。 

www.yamadakoji.com

 

レッドキャップのスモックが格好良い&便利そう

↑の記事でもご紹介しているように、いい感じのエプロンもたくさん見つかったのですが、僕の琴線に触れたのが大好きな原宿のセレクトショップ、PROPS STOREのオンラインストアで見つけたアメリカの定番ワークブランド、レッドキャップのスモック

基本的に油はねなどから上半身を守れば充分なので、普通のエプロンのように股下くらいまでの丈は必要ありません。このレッドキャップのスモックならジップアップで着脱しやすそうですし、裾に2つあるポケットも便利そう。そしてエプロンの代替だけでなく、ワークシャツとして普段着としても着られそうなので俄然エプロン選び候補の筆頭にのし上がりました。

 

アメリカのAmazon.comは関税も消費税もかからず送料は7ドル

で、PROPS STOREのリアル店舗に行ったのですが、残念ながら僕には大きすぎるサイズしか残っていませんでした。Amazonや楽天市場を探しても見つからず。そう言えば、と思ってアメリカのAmazon.comを検索してみると、ありましたありました。しかも18ドルというお手頃価格

購入するとなると、個人輸入になります。今まで個人輸入の経験は自転車乗りには知られているイギリスのwiggle(このサイトも安い上に面白い商品がたくさんあるので、いつかご紹介しようと思います) ではあるのですが、Amazon.comでは初めて。

関税とかどうなるのかな?と調べてみました。

どうやら18ドルのレッドキャップのスモックだけを買う場合は関税も消費税もかからないっぽいです。

www.behappyusa.com

送料は3種類。別に急いでいないので、安さを優先すると約7ドル。お安いもんです。 

 

気軽にポチれそうなので色々物色

送料が約7ドルとなると、俄然Amazon.comでのお買い物が身近に感じられるようになりました。ので、他に良さげな商品はないか物色。

ですが、 やっぱりレッドキャップのスモックを購入することにしました。

 で、待つこと11日でなんの問題もなく我が家に到着しました。

商品のレビューはまた次回の記事で。

 

靴やスニーカーの個人輸入には関税がかかります

ここで注意しておきたいのが品目です。今回個人輸入したのが服なので関税と消費税がかからなかったのですが、靴やスニーカーはその対象外で、また品目によって関税の額は違うようです。

革靴・ファー付きの靴:30%または4,300円のいずれか高い方

スニーカー・スポーツシューズ:8%

レザー・スエードのスニーカー:30%

キャンバスシューズ:6.7%

靴・革靴・スニーカーの海外通販にかかる関税|バイクブーツ・レーシングブーツの個人輸入・海外通販

今回、1万円以下(送料込みで16,666円以下)の商品なら関税と消費税がかからないとわかったので、一気に海外のオンラインストアからの個人輸入が身近になりました。特にワークブランドやアウトドアブランドでは日本で展開していない魅力的なアメリカ企画の商品がたくさんあるので、今後も積極的に利用していこうと思います。

 

最後までご覧いただきありがとうございました!