山田耕史のファッションブログ

ファッションは生活であり、文化である。

ワークマン×山田耕史「イージスダウンジャケット」2021年秋冬最新作徹底レビュー。

こんにちは。兼業主夫/ファッションアナリスト/ワークマン公認アンバサダーの山田耕史(@yamada0221)です。
f:id:yamada0221:20181113133451p:plain LINE@:ブログをチェックするのが面倒な人へ。金曜日にその週の更新をあなたのLINEにお知らせします。

初の書籍 「結局、男の服は普通がいい 世界一かんたん、一生使えるオシャレの方程式」発売中!

f:id:yamada0221:20200309113250j:plain

商品ページ:Amazon楽天ブックスヨドバシドットコム

f:id:yamada0221:20210823154121j:plain

ワークマン×山田耕史共同開発製品2021年秋冬最新作。既に数多くご紹介してきましたが、今日もご紹介が続きます。

www.yamadakoji.com

www.yamadakoji.com

www.yamadakoji.com

www.yamadakoji.com

www.yamadakoji.com

www.yamadakoji.com

www.yamadakoji.com

www.yamadakoji.com

www.yamadakoji.com

www.yamadakoji.com

 

高い防水性を誇るイージスダウン

昨年の2020年秋冬に、ワークマン×山田耕史共同開発製品の「洗えるフュージョンダウン REPAIR TECH ダウンフーディー」ともう1つ、ダウンジャケットが発売されました。それがこちらの「イージス防水防寒ダウンジャケット」です。

f:id:yamada0221:20201029110843p:plain

AEGIS(イージス)防水防寒ダウンジャケット(オンラインストア商品ページ)

「防水」をキーワードにしたブランドであるイージスの製品で、↑の画像にもある通り、耐水圧10,000mm、透湿度5,000g/㎡/24hというスペックを誇るダウンジャケット。

ちなみに、耐水圧と透湿度の目安は以下の通り。耐水圧10,000mmだと大雨にも耐えられるスペックということです。

f:id:yamada0221:20191009111447j:plain

 

徹底的なシンプルデザイン&高い防水透湿性

僕は2020年秋冬「イージス防水防寒ダウンジャケット」の開発には関わっていなかったのですが、2021年秋冬に発売される「イージスダウンジャケット」はワークマン×山田耕史共同開発製品です。デザイン、ポケットやボタンなどのディテール、生地、カラーバリエーションなど色々意見させてもらいました。 

f:id:yamada0221:20210823142842j:plain

他の共同開発製品同様、デザインはシンプルでベーシック。目立つロゴや配色などは全て廃しました。僕の著書「結局、男の服は普通がいい」でご紹介している、流行り廃り関係なくいつまでも着られ、誰にでも似合い、着回しが効く「普通服」に仕上がっていると思います。

f:id:yamada0221:20200309113250j:plain

Amazon楽天ブックスヨドバシドットコム

画像でどれだけ伝わるかはわかりませんが、生地の良さも「イージスダウンジャケット」の特徴。厚みがあって丈夫なナイロンタッサー素材が用いられているんですが、この生地の質感が非常に良いのです。

f:id:yamada0221:20210823141533j:plain

これはファッション性を重視したのではなく、スレへの強さを追求した結果とのこと。他のワークマン製品同様、「イージスダウンジャケット」もワークアイテムとしての機能性が最優先されているのですが、それがデザイン性の向上にも繋がっているということです。

 

耐水圧が2倍にアップ

また、防水透湿性がアップしているのもポイント。2020年秋冬モデルは耐水圧10,000mm、透湿度5,000g/㎡/24hでしたが、この2021年秋冬モデルは耐水圧20,000mmと倍増しています。上掲画像によると、耐水圧20,000mmなら嵐にも耐えられるとのこと。

ディテールを見ていきましょう。お腹の左右に大容量のハの字ポケット。

f:id:yamada0221:20210823141446j:plain 

2020年秋冬モデルはマジックテープだったフロントは、ドットボタンに変更してもらいました。

f:id:yamada0221:20210823141439j:plain

水の侵入を防ぐため、フロントは2重構造になっています。

f:id:yamada0221:20210823141452j:plain

下にはジップ。ここにもロゴなどはありません。

f:id:yamada0221:20210823141457j:plain

フードは大きめ。スピンドルが配され、フィット感が調節可能です。

f:id:yamada0221:20210823142836j:plain

f:id:yamada0221:20210823141549j:plain

中わたはダウン75%、フェザー25%

f:id:yamada0221:20210823141510j:plain

裏側両裾にはメッシュ生地の大容量ポケットが設けられています。

f:id:yamada0221:20210823141504j:plain

f:id:yamada0221:20210823141521j:plain

裾も絞れるようになっており、冷気の侵入を防いでくれます。

f:id:yamada0221:20210823141527j:plain

襟裏にはフリース素材が用いられ、防寒性と肌触りの良さが向上。

f:id:yamada0221:20210823141516j:plain

背面もシンプルなデザイン。

f:id:yamada0221:20210823141542j:plain

実は右裾にジップポケットが。これ、僕の私物のヴィンテージアウトドアジャケットを参考にしたディテールです。

f:id:yamada0221:20210823141555j:plain

結構大きめで、スマートフォンだけでなく、ペットボトルも入れられます。500mlのペットボトルを3本入れてもまだ余裕がありました。

f:id:yamada0221:20210823141602j:plain

LLサイズを着用してみました(176cm65kg)。 

f:id:yamada0221:20210823141412j:plain

 襟は高め。

f:id:yamada0221:20210823141407j:plain

フロントがスナップボタンになったことで、体温調節もしやすくなったと思います。

f:id:yamada0221:20210823141417j:plain

着用しているパンツはワークマン✕山田耕史共同開発製品「超撥水シェフパンツ」の2021年秋冬新色。既に入荷しているお店もあるようです。

 

5,800円(税込) !

耐水圧20,000mm、透湿度5,000g/㎡/24hの高い防水透湿性と、徹底したシンプルデザインでお値段は5,800円(税込)

カラーバリエーションは今回ご紹介したブラックの他、ベージュ、オリーブ、ブラック×イエローの4色展開で、ブラック×イエローは11月発売予定、その他は9月下旬から10月上旬に発売予定です。

お見逃しなく。

この記事があなたのお役に立てれば幸いです!