山田耕史のファッションブログ

自分らしい服がわかるファッションブログです。

レディスファッション誌は最高の「モテ」マニュアルかもしれない。

こんにちは。ファッションアナリスト/ワークマンマスター/兼業主夫の山田耕史​(@yamada0221)です。

<有料note発売中です>
普通の40代以上ためのメンズカジュアルファッションマニュアル
どこで何を買えばいいかわかる。メンズファストファッション・低価格ブランド徹底解説。【ユニクロ・ GU・ZARA・H&M・無印良品・GAP・Forever21・ワークマン】

<ワークマン公式オンラインストアでオススメ商品コラム連載中>
f:id:yamada0221:20181113131353j:plain
プロが伝授!ワークマンでカジュアル!普段着コーデ

・話題のand GIRL


ここ数日話題になっているこちらのツイート。




これを見て、僕はこんなことを考えました。

















 



・多様性あり過ぎの日本のレディスファッション誌


男性で知っている人は多くないかもしれませんが、
レディスファッション誌ってほんと沢山種類がありますし、雑誌によってファッションテイストが全然違うんです(もちろん中には同じファッションテイストの競合誌もあります)。

 
実際に女性が着ているファッションも、人によって千差万別ですよね。
 
気になる女性が着ている服がどのファッション誌のファッションに近いのかを分析して、そのファッション誌を女性を知るためのマニュアルとして使おう、というのが僕のアイディアです。
 
もちろんその人のファッションが他の趣味などの好みとリンクしている保証はありませんが、全く無策で挑むよりも少しはだいぶマシだと思います。

例えばFUDGE。

FUDGE(ファッジ) 2018年4月号

 

表紙の「パリジェンヌしたい!」というキャッチコピーでもわかるように、フレンチファッションを扱っています。ネイビーを基調としたシンプルなカジュアルスタイルですね。撮影もフランスでやっているんじゃないでしょうか。






「カフェテラスで自分の時間を楽しむ」
「朝はバゲットを買いにブーランジェリーへ」など、おフランスな内容。




なので、
FUDGEっぽいファッションの女性とのデートはパン屋巡りやオシャレなカフェデートなんかがいいんじゃないでしょうか。

また、ファッション誌はたいてい映画や音楽、本のページもあります。プロモーション的に掲載されているものもあるでしょうが、
編集者が「うちの雑誌の読者はこんなのを好むだろう」と考えて選んだものも多いはずです。





なので、デートの選択肢として、その雑誌で紹介されている映画に行くのも手だと思います。

FUDGEはファッション誌のなかでもかなりファッションテイストがはっきりしています。

例えばMOREはもっと一般的なファッションテイスト。ごく普通の20代OLという感じですね。

MORE(モア)2018年5月号
 
 





MOREではモデルの連載ページでカリグラフィー教室やフルーツサンドが食べられるカフェが紹介されています。ここらへんもデートで使えそうです。





seventeenは誌名の通り、高校生がターゲットです。

セブンティーン 2018年 05 月号
 
 






こちらではお菓子やお出かけスポットなんかが紹介されています。こういうのもおそらく編集部がリサーチをして掲載しているのだと思うので、高校生ウケは良いはずです。



若者だけではありません。こちらは50代女性がターゲットの雑誌、HERS。

 
 





こちらではメキシコ、スペイン料理が紹介されています。50代女性とデートするときはこんな料理が出てくるお店がいいかもしれません。



・モテコンサルの可能性


と、こうやって考えると
ファッション起点のモテコンサルって結構現実味あるんじゃないかなと思っています。
 
多分女性の服装を見てそれがどのファッションテイストなのかがわかる男性は少ないでしょう。

なので、
女性の画像を数枚送ってもらい、ファッションテイストを類推し、それを元にその女性にウケそうな男性が着るべき服やデートコース、プレゼントなどを提案すると、結構面白いサービスになるんじゃないでしょうか。

どこか、やりたい企業さんとかいらっしゃらないですかね?出会い系アプリとかとも相性良さそうです。

あるいは街コンとか。恋愛マニュアル本にしても面白そうですね。

ま、ファッションにモテを求めていない僕がやっても説得力ないかもしれませんが笑。


最後までご覧いただきありがとうございました!