山田耕史のファッションブログ

服選びをかんたんに、自分らしく。

ニットキャップの毛玉はカミソリでかんたんに取れます。

こんにちは。兼業主夫/ファッションアナリスト/ワークマン公認アンバサダーの山田耕史(@yamada0221)です。

初の書籍 「結局、男の服は普通がいい 世界一かんたん、一生使えるオシャレの方程式」発売中!

f:id:yamada0221:20200309113250j:plain

商品ページ:Amazon楽天ブックスヨドバシドットコム

ここ数年、冬場はニットキャップをずっとかぶっています。暖かいのはもちろんのこと、ニットキャップと白靴下さえつけておけば、どんなコーディネートでもある程度は今っぽい雰囲気になるのでとても重宝しています。

僕は洗濯好きなのでほとんどのものは自宅で水洗いしてしまいます。普通はクリーニングに出すようなテーラードジャケットは専用の洗剤で手洗いしますし、洗面所でリュックサックも洗ってしまいます。
ニットキャップももちろん洗濯します。洗濯ネットに入れて普通の洗濯物と一緒に洗うのですが、洗濯後に困るのが毛玉。普通に使っているだけでも毛玉はできてしまいますが、洗濯するとさらに毛玉ができてしまいます。
ですが、ニットキャップの毛玉はお金をかけずにかんたんに取れるのです。使うのはT字カミソリだけ。
 僕がいつも使っているのは驚異の190円まで値下がりしたこともあるGUのニットキャップですが、先日毛玉取りしたばかりなので今回は妻のニットキャップの毛玉を取ってみましょう。
ビフォーです。
毛玉は特に見当たりませんが、全体的にモケモケしています。
ジレットのカミソリでこすっていきます。
ホテルなんかでよくあるような1枚刃のカミソリよりも、ジレットの5枚刃みたいなもののほうが効率的に取れる気がします。
こんな感じでモケモケが取れていきます。
 で、これがアフター。
 モケモケがきれいになくなってますね。
 これだけ取れました。所要時間は2、3分くらいでしょうか。テレビを観ながらやってました。 
 T字カミソリでの毛玉取りはニットキャップだけでなく、セーターなどのニット製品全般にも使えます。
また、ニット以外にも毛玉ができてしまうものにも使えますよ。例えば私が24時間365日ずっと穿いている神パンツ、グンゼレギンスパンツ。
 

GUNZE:¥ 1,379 - ¥ 3,024

​クリックでAmazon商品ページへ(返品無料!)

こちらも毛玉ができてしまう生地なのですが、T字カミソリで軽くこすってやるだけでかんたんに取れます。
毛玉取り機なんかも売っていますが、僕としてはT字カミソリで充分かなと思っています。


最後までご覧いただきありがとうございました!