山田耕史のファッションブログ

ファッションは生活であり、文化である。

タケオキクチ本店で~菊池武夫に~出会った~。

こんにちは。兼業主夫/ファッションアナリスト/ワークマン公認アンバサダーの山田耕史(@yamada0221)です。
f:id:yamada0221:20181113133451p:plain LINE@:ブログをチェックするのが面倒な人へ。金曜日にその週の更新をあなたのLINEにお知らせします。

初の書籍 「結局、男の服は普通がいい 世界一かんたん、一生使えるオシャレの方程式」発売中!

f:id:yamada0221:20200309113250j:plain

商品ページ:Amazon楽天ブックスヨドバシドットコム



昨日の事です。

仕事で渋谷、原宿にリサーチに出た時に

何の気なしにタケオキクチ渋谷明治通り本店に寄りました。


このショップ、確かオープンしたのは昨年末だったと思うのですが、

オープン当初に一度だけ訪れて

「タケオキクチっぽくない(失礼!)格好良いショップだなー」と感じた記憶があります。

店内至る所に置いてあるiPadは全て菊池武夫の動画が流れているなど、

菊池武夫氏の復帰に合わせてオープンしたショップなのでかなり菊池武夫色が

強く打ち出されているのが印象的でした。

また、こちらに掲載されているように、

ショップの2階にはアトリエスペースがあり、

連れと「菊池武夫がここで仕事してたりするのかなー」と話していたのですが、

昨日私がショップを訪れた時に

正に菊池武夫がそのアトリエで仕事をしていました。

スタッフ数人とスワッチを囲みながら話をしている菊池武夫氏は

いつものハット姿に作業着なのか、他のスタッフと揃いの白いエプロンをしていました。

流石に菊池武夫、格好良かったです。

本当は仕事風景を眺めていたかったのですが、

アトリエはガラス張り、ドアは開け放たれており

眺めていられるような雰囲気は全く無かったので

私はちらっと目をやっただけで

そそくさと店を出てしまいました。


どれくらいの頻度であのアトリエで仕事をしているのかはわかりませんが、

運が良ければ菊池武夫本人に出会えるかもしれません。

デザイナー本人に出会えるショップ、

是非ともコムデギャルソンにもやって欲しいものです。

(絶対にやらないでしょうし、やったらやったで少しがっかりしますがw)


※注
ここで述べられている内容は書き手の所属する組織・団体の主張を
代表・代弁するものではなくあくまでも筆者一「個人」としてのものです。