山田耕史のファッションブログ

自分らしい服装が簡単に楽しめるファッション情報をご紹介しています。

ーおすすめ記事ー

【画像大量】新宿で開催中のブルックスブラザーズ展に行ってきました!

こんにちは。兼業主夫/ファッションアナリスト/ワークマン公認アンバサダーの山田耕史(@yamada0221)です。

初の書籍 「結局、男の服は普通がいい 世界一かんたん、一生使えるオシャレの方程式」発売中!

f:id:yamada0221:20200309113250j:plain

商品ページ:Amazon楽天ブックスヨドバシドットコム

・開催初日に行ってきました!

新宿の文化服装学院博物館で現在開催中のブルックスブラザーズ展。

開催初日に行ってきました。

思いっきり僕が写り込んでいますけど、ブルックスブラザーズのロゴがお出迎え。

ちなみにフラッシュを使わなければ撮影OKです。一眼レフで全展示物をバシバシ撮っているオジサンもいました。

展示は2フロアに分かれています。1階は創立当時の印刷物などがメイン。


こーゆーの、格好良いですよね。


展示のメインは2階です。ボタンダウンシャツの壁がお出迎え。

ブルックスブラザーズの代名詞とも言えるボタンダウンシャツのデザインの変遷です。



こちらは1948年のもの。襟の大きさや袖のシルエットが今とは全然違いますね。

こちらは1953年。その後、時を経るごとに洗練されたシルエットになっていきます。




 
​​ ​

・ブルックスブラザーズの歴史はアメリカの歴史

歴代大統領に愛されているブルックスブラザーズ。

こちらはリンカーン大統領のコート。

こんな刺繍が施されていたそうです。なんか特攻服みたいですね。

他にもこんな教科書級の歴史的なシーンでもブルックスブラザーズは着用されていたそうです。


軍服コーナー。

え、こんなのあったの?とびっくりしましたが、ブルックスブラザーズファンのコメディアンの衣装だそうです。


 
​​ ​

・やっぱり格好良い!アイビールック

こちらはアイビーコーナー。


ブレザーに赤ネクタイ。王道スタイルですね。

オリーブのネクタイも格好良いですねぇ。


この洒落た彼、当時の学生だそうです。

彼のスタイルを再現した展示も。

キャンパスファッションの今昔。

みゆき族。

このビジュアル、格好良いです。

こんな資料類も展示されています。


こちらはスポーツコーナー。

乗馬スタイル。シルエットが今風ですね。

テニスウェア。こんな服装でテニスしてみたいですね。

ラコステとダブルネームでポロシャツをつくっていた時期があったそうです。


 
​​ ​

・よく知らないけど格好良い華麗なるギャツビー

華麗なるギャツビーコーナー。…ブルックスブラザーズが衣装を手掛けた、ということは知ってるんですが、映画を観たことがないのでなんとも…。ただ、衣装は超格好良いです。


色使いが素敵です。









子供服。可愛い。


デザイナーズコーナー。

左からジュンヤ・ワタナベ、トム・ブラウン、シュプリームです。


 
​​ ​

・アローズ栗野さんや元ポパイ木下さんが語るブルックスブラザーズ

著名人がブルックスブラザーズを語るのコーナー。

アローズ栗野さんや松任谷正隆さんなど。

他に元ポパイ編集長で現ユニクロの木下孝浩さんや、ファッション誌編集長、スタイリストさんなどがブルックスブラザーズの思い出なんかを語っています。特に栗野さんのは良かったです。これは会場で聞いてのお楽しみということで。

ヘッドホン掛けが格好良かったです。

で、トリっぽい場所に置いてあったのが小村寿太郎のコートです。写り込みがあって見づらいですね。すみません。

 
​​ ​

・オススメです!


入場料は大人500円。平日の昼間だからか、お客さんは少なくゆっきり見られました。服好きなら完全に元は取れると思いますよ。オススメです。
最後までご覧いただきありがとうございました!