山田耕史のファッションブログ

服選びをかんたんに、自分らしく。

【初心者向け】ZARA、H&M、ユニクロ、GU、GAP、無印の違いを完全解説。【メンズ】

こんにちは。兼業主夫/ファッションアナリスト/ワークマン公認アンバサダーの山田耕史(@yamada0221)です。

初の書籍 「結局、男の服は普通がいい 世界一かんたん、一生使えるオシャレの方程式」発売中!

f:id:yamada0221:20200309113250j:plain

商品ページ:Amazon楽天ブックスヨドバシドットコム



・服屋あり過ぎ問題



街に、インターネット上に無数にファッションブランドやショップはありますが、たくさんあり過ぎて選ぶのが大変です。

街でも、ららぽーとやイオンモールなどのショッピングセンターでも自分が好きな雰囲気のブランドやショップにはなかなか巡り会えません。

インターネット上なら簡単かというと、そうでもありません。日本のファッションインターネット通販で圧倒的な人気のZOZOTOWNでも商品が多過ぎますし、ファッションの知識がある人でも​検索で自分の好みの商品を探すことも難しい状態です。


・ファッション用語をできるだけ使わずにご紹介


ファッションにあまり興味のない利用者も多いファストファッションブランドやSPAブランドでもそれぞれデザインや展開している商品の特徴に大きな違いがあります。ですが、その違いが客観的に分析比較されることはあまりありません。

なので今回は5つの代表的な低価格メンズブランド、​ ​ZARA、H&M、ユニクロ、GU、GAP、無印良品にどんな特徴があるのかファッション用語をできるだけ使わずにご紹介します。



・実は結構違う、価格とトレンド性



まずはデザインと価格のマトリクスです。



縦軸は価格、横軸はデザイン。右はトレンド、つまり流行のデザインを取り入れた商品が多いブランド。左はベーシック、つまり普通。普遍的なデザインの商品が多いブランドです。

一般的にデザインはトレンド性が強ければ強いほど、着る人を選び、格好良く着られる期間が短くなります

トレンドデザインを多く取り入れているブランドはZARAとH&M、そしてGUです。

 
それに対し、ベーシック性が強ければ強いほど、誰にでも似合い、いつまでもかっこうよく着られます

GAPと無印良品はベーシック性がかなり強いのが特徴。

ファッションに強い興味があり、毎年たくさんのお金をかけられる人以外はトレンドデザインの服はオススメしません。


・イメージの基準


続いてそれぞれのブランドの特徴の基準をご紹介します。基準にしたのは

きちんと感
カジュアル感
ワルっぽさ
スポーツ感
コスパ度


の5つのキーワードです。それぞれの意味をご紹介します


きちんと感



 



 
よく目にする「キレイ目」のような意味合いです。最もきちんと感が強い服はテーラードジャケットやシャツ、スラックスといったフォーマルウェア。

きちんと感が強いブランドはビジネスウェアとしても使える商品を多く展開います。

また、大人っぽさや信頼感を感じさせやすいのも特徴です。


カジュアル感








誰しも馴染みがある、ジーパンやTシャツ、スウェット(トレーナー)といった、いわゆるアメカジ(アメリカンカジュアル)のアイテムをベースとしたイメージです。

気楽でリラックス感がある反面、だらしない印象を与えてしまう可能性もあります。

ワルっぽさ









男性性が強く、威圧感のある雰囲気です。スカル(がいこつ)やスタッズ(鋲)といった、不良的要素がある攻撃的なデザインや、ストリートやロックといったサブカルチャーや音楽をルーツとした主張が強いデザインが特徴です。

わかりやすい例で言えば、エグザイルファミリーのような感じです。



 
Takanori Iwataさん(@takanori_iwata_official)がシェアした投稿 -

一般的には女子ウケが良いとファッションとされていますが、毛嫌いする女性も少なくないので安易にワルっぽさを強くするのは危険です。

スポーツ感








今やファスト/SPAブランドでは欠かせない存在となった、吸汗速乾素材のTシャツやハイテク系のスニーカーなどのスポーツ向けのアクティブな商品をどれくらい展開しているかを表します。アウトドアなどの要素も含めています。


コスパ度






コストパフォーマンス。価格と製品としての商品の品質がバランスが取れているかを表します。



・ブランドのイメージ


さて、ここからそれぞれのブランドのイメージをこの基準の元にご紹介します。

それぞれの基準は5点満点。0点ならその特徴はほぼない、という意味合いです。


ZARA

 

https://www.zara.com/jp/ja/%E3%83%A1%E3%83%B3%E3%82%BA/join-life/editorial-c861064.html



きちんと感  4
カジュアル感 1
ワルっぽさ  4
スポーツ感  0

コスパ度   4

トレンド性が圧倒的に強いZARA。世界一の売り上げを誇るファッションブランドですが、メンズは欧米のコレクション(ファッションショーを開催する)ブランドを意識した、かなり主張の強いデザインなので、キャラクターや体型などの面で似合う日本人は少ないと思います。


ストラップディテール付きボンバージャケット - すべてを見る-ブルゾン-メンズ | ZARA 日本

また、基本的にトレンド性がかなり高い商品ばかりなので格好良く着られる期間が短いので、個人的にオススメできるブランドではありません。


オーバーサイズデニムジャケット - すべてを見る-ブルゾン-メンズ | ZARA 日本

コストパフォーマンスが高い商品が多いだけに残念ですが、ZARAトータルコーディネートを組むのではなく、他はベーシックデザインの服にしておいて、コーディネートの中に一点だけZARAのアイテムにする、という使い方なら大丈夫かもしれません。
 

スパンコールタイガーデザインTシャツ - すべてを見る-Tシャツ-メンズ | ZARA 日本

今回ご紹介しているブランドのなかで最も「ワルっぽさ」が高いのも特徴なので、「ワルっぽさ」をリーズナブルに出したい人には最適なブランドです。


ドクロ&バタフライプリントTシャツ - すべてを見る-Tシャツ-メンズ | ZARA 日本


H&M



http://www2.hm.com/ja_jp/men/shop-by-feature/9ge-season-switch.html



きちんと感  3
カジュアル感 3
ワルっぽさ  3
スポーツ感  3

コスパ度   3

ZARAと同じく欧米のコレクションブランドを意識したトレンド性が強い商品が中心ですが、ベーシックデザインの商品も多数展開しており、デザインの幅が広いのが特徴です。
 

スリムスーツパンツ - ブラック - メンズ | H&M JP

スウェットパーカ - グレーメランジ - | H&M JP

ユニクロよりもやや高めの価格設定ですが、クオリティは基本的にユニクロよりも低く、価格的なお得感はあまりありません。


スポーツラインはコスパ感はやや悪いですが、ナイキやアディダスといったスポーツブランドではなかなか見つからないシンプルなデザインで、僕も愛用しています。
 

www.yamadakoji.com




スポーツパンツ - ブラック - メンズ | H&M JP


ユニクロ



http://www.uniqlo.com/jp/


きちんと感  3
カジュアル感 3
ワルっぽさ  0
スポーツ感  3

コスパ度   5

世界最高のコスパを誇るブランドです。特にシャツやジーンズ、チノパンツといったベーシックアイテムの完成度は高く、頻繁にセールにもなるのでかなりお買い得感があります。


ユニクロ|オックスフォードシャツ(長袖)|MEN(メンズ)|公式オンラインストア(通販サイト)

全年齢を対象としたベーシックなデザインが中心で、テーラードジャケットなど野暮ったいシルエットの商品も少なくありませんが、最近はファッションデザイナーとのコラボレーションによるデザイン性の高い商品も増えています。


UNIQLO and JW ANDERSON 2017秋冬コレクション|UNIQLO

 

GU




http://www.gu-japan.com/feature/street/men/



きちんと感  3
カジュアル感 2
ワルっぽさ  2
スポーツ感  3

コスパ度   4

ユニクロを運営するファーストリテイリング社のファストファッションブランドです。(ユニクロはファストファッションブランドではありません)。トレンド性の高い商品をユニクロよりもさらに低価格で提供しています。



ジーユー|ビッグプルパーカ(5分袖)|MEN(メンズ)|公式オンラインストア(通販サイト)

クオリティは商品によりばらつきが大きく、コスパが高い商品と低い商品の差が激しいので購入時は注意が必要です。



ジーユー|カットソージャケット|MEN(メンズ)|公式オンラインストア(通販サイト)

GAP




http://www.gap.co.jp/Asset_Archive/GPWeb/content/0013/796/834/assets/DESKTOP/080417_MEN_DP_JP_DESK_3.jpg


きちんと感  1
カジュアル感 5
ワルっぽさ  0
スポーツ感  2

コスパ度   2

アメカジの代名詞的ブランドでカジュアル感の強いブランドです。



アスレチック テーパーフィット ジーンズ | Gap

あまり知られていませんが、GapFitというスポーツラインも展開しています。


Elements フリースジップパーカー | Gap

定価はやや高めですがクオリティもそれに比例しています。近年は頻繁に高い値引率のセールを行っているので、買うならそのときを狙いましょう。


無印良品




 
MUJI無印良品さん(@muji_global)がシェアした投稿 -



 
きちんと感  3
カジュアル感 4
ワルっぽさ  0
スポーツ感  1
コスパ度   3
 
この5ブランドの中で最もベーシック度が強いブランドです。トレンド要素はほとんどなく、デザインもシンプルなので全身コーディネートが簡単ですが、ややナチュラルな雰囲気があるので、「ワルっぽさ」「きちんと感」を意識したい人には向かないブランドです。
 
オーガニックコットン洗いざらしブロードシャツ 紳士M・白 | 無印良品ネットストア
 
ということで、レーダーチャートを並べてみると、それぞれブランドによってかなり特徴が違うことがわかります。
 
 
買い物の参考にしていただければと思います。
 
最後までご覧いただきありがとうございました!