山田耕史のファッションブログ

自分らしい服がわかるファッションブログです。

【ビューティービースト】激安商品多数!これからが旬?の90年代ドメスティックデザイナーズブランド。【マサキマツシマ】

こんにちは。ファッションアナリスト/ワークマンマスター/兼業主夫の山田耕史​(@yamada0221)です。

<有料note発売中です>
普通の40代以上ためのメンズカジュアルファッションマニュアル
どこで何を買えばいいかわかる。メンズファストファッション・低価格ブランド徹底解説。【ユニクロ・ GU・ZARA・H&M・無印良品・GAP・Forever21・ワークマン】

<ワークマン公式オンラインストアでオススメ商品コラム連載中>
f:id:yamada0221:20181113131353j:plain
プロが伝授!ワークマンでカジュアル!普段着コーデ


​ こんにちは。ほぼ毎日インスタントラーメンを食べているファッションアナリスト山田耕史​(@yamada0221)です。

友だち追加←LINE@でブログの更新をお知らせします。

<当ブログのオイシイところだけをまとめたサイト>

当ブログでオススメしている誰にでも似合い、いつまでも着られる「普通の服」をまとめたサイトです。とりあえずこれを選んでおけば、まず間違いはないというアイテムだけを厳選してご紹介しています。

<オススメ人気過去記事>





先日のこちらの記事。


【激安】人気上昇中!90sデザイナーズブランドをブランド古着通販サイトでディグ!【アラフォー感涙】|山田耕史のファッションブログ

今僕がハマっているブランド古着通販サイト、ベクトルパークでディグしたヘルムートラングやプラダスポーツなどの90年代のデザイナーズブランドの商品をご紹介しました。




今回はその続編。ドメスティックブランド編です。コムデギャルソンは以前の記事でご紹介したので、今回はコムデギャルソン以外のドメスティックブランドをご紹介しています。00年代以降の商品もある可能性は高いですが、そこはご容赦いただければ幸いです。


・90年代はアヴァンギャルドの時代


90年代はマルタン・マルジェラに代表されるアントワープ出身のデザイナーを中心に、コンセプチュアルでアヴァンギャルドな作風のデザイナーの人気が高かった時代でした。ドメスティックブランドも同様で、個性的なデザイナーズブランドがたくさん生まれました。





その代表格が大阪発のブランド、20471120(トゥーオーフォーセブンワンワントゥーオーと読みます)。







ですが、残念ながらこの記事執筆時点ではベクトルパークに20471120の商品は見つかりませんでした。

同じく大阪発のブランド、ビューティービーストも人気でしたね。今はX JAPANのメンバーでもあるLUNA SEAのSUGIZOさんがコレクションでバイオリンを弾いていた光景をよく覚えています。

ビューティービーストと言えば、デジタル迷彩柄。色使いが独特です。2はオルソと読みます。ビューティービーストのセカンドラインですね。

2 beauty:beast:7,480円(税込)

2 beauty:beast:2,000円(税込)

2 beauty:beast:4,500円(税込)

現在はアイウェアしか展開していない、マサキマツシマ。


Masaki Matsushima eyes

90年代は日本を代表するアヴァンギャルドな作風のデザイナーで、パリコレクションにも出展していました。




マサキマツシマ、かなりお安くなっています。が、モード系が好きな人にはハマるデザインが多いのではないでしょうか。

MASAKI MATSUSHIMA:1,800円(税込)

MASAKI MATSUSHIMA:2,094円(税込)


MASAKI MATSUSHIMA:1,700円(税込)

MASAKI MATSUSHIMA:3,000円(税込)

このバッグなんて普通に使えそうです。

MASAKI MATSUSHIMA :2,800円(税込)

僕、当時マサキマツシマの財布使っていたんですよね。懐かしいです。

MASAKI MATSUSHIMA:3,500円(税込)

このバッグも普通に使えそう。


MASAKI MATSUSHIMA:2,980円(税込)

・ヨウジヤマモト、じゃなくてワイズフォーメン


最近人気が復活しているヨウジヤマモト。以前はワイズフォーメンというセカンドラインがありました。ワイズフォーメンは2010年のコレクションを最後にブランドを休止しています。

「ワイズフォーメン」が7年ぶりに復活 9月9日数量限定発売│WWD JAPAN

今も昔も変わらない山本耀司の格好良さをリーズナブルに手に入れるには、古着のワイズフォーメンも良い選択肢だと思います。

大柄のドット。色使いがワイズらしいですね。

Y's for men:5,800円(税込)

ビッグサイズのシャツ。こういうのをかばっと着ている若い人、増えてますよね。

Y's for men:5,800円(税込)

Y's for men:7,500円(税込)

ジャケットもかなりの激安っぷりです。ここらへんなら今の季節でもなんとか着られそうですね。

Y's for men:3,800円(税込)

Y's for men:6,800円(税込)

パンツは結構狙い目かなと思っています。

Y's for men:6,300円(税込)

これ、いいですねぇ。欲しいです。リネン素材の軍パン。安い。

Y's for men:3,700円(税込)

先程の白シャツにこういう太いパンツを合わせるコーディネート、個人的にも久し振りにしてみたいですね。

Y's for men:3,900円(税込)

Y's for men:3,400円(税込)

Y's for men:4,700円(税込)

Y's for men:6,500円(税込)


​​
​​
​​

・お手頃価格で入手可能な90年代デザイナーズ色々


最近高感度な古着屋で見かけることが増えたイッセイミヤケ。こちらも結構お手頃な価格の商品が多く、狙い目だと思います。

ISSEY MIYAKE MEN:6,200円(税込)

ISSEY MIYAKE MEN:7,800円(税込)

ISSEY MIYAKE MEN:6,600円(税込)

時計は近年ものでしょうか。ちょっとお高め。でも格好良いですね。

ISSEY MIYAKE MEN:10,800円(税込)

ISSEY MIYAKE MEN:33,460円(税込)

90年代、裏原からパリに飛び立ったアンダーカバー

UNDERCOVER:5,000円(税込)

UNDERCOVER ×VANDALIZE:19,440円(税込)

こちらは高橋盾と一緒にアンダーカバーを立ち上げたデザイナー、一ノ瀬弘法さんのブランド、ヴァンダライズ。


VANDALIZE:3,500円(税込)

シンイチロウアラカワは僕もいくつか商品持っていましたねぇ。懐かしいです。

SHINICHIRO ARAKAWA:1,700円(税込)

シンイチロウアラカワといえば、ホンダとのコラボレーションライン、シンイチロウアラカワホンダ。今でこそホンダのようなメーカーとのコラボアイテムって一般的になりましたが、当時は珍しかったんですよねぇ。

SHINICHIRO ARAKAWA:1,000円(税込)

90年代座談会でもちょっと話題に挙がった(カットされましたが)ユージヤマダ。当時はアゴストショップとかに置いてたんでしたっけ?あんまり記憶にないんですよね。調べてみたら、ブログを見つけました。が、最終更新は2013年。

山田 裕二 ファッションデザイナー / YUJI YAMADA Fashion Designer

yuji yamada:1,500円(税込)

yuji yamada:1,900円(税込)

色々ありますが、ワイズフォーメンは価格もかなりお手頃ですし、個人的に欲しいのがいくつかありますねぇ。神戸BALに通っていた思い出が蘇ります。

90年代デザイナーズブランドディグ、まだまだ面白い商品があるので引き続きご紹介しますね。



最後までご覧いただきありがとうございました!



友だち追加←LINE@でブログの更新をお知らせします。
ファッションに関する質問はPeingでお気軽にどうぞ。
ファッションネタはTwitter(@yamada0221)でも呟いていますのでよろしければフォローしてみて下さい。
Instagramでは育児やロードバイクなど、プライベートネタが中心です。
不定期ですが育児ブログも書いています!





この記事を書いた人
山田耕史 

詳しいプロフィールはこちら​​


​ ​