山田耕史のファッションブログ

自分らしい服がわかるファッションブログです。

【コーデ画像あり】世界一のコスパ。ユニクロ「オックスフォードシャツ」はメンズファッションの定番中の定番。

こんにちは。ファッションアナリスト/ワークマンマスター/兼業主夫の山田耕史​(@yamada0221)です。

<有料note発売中です>
普通の40代以上ためのメンズカジュアルファッションマニュアル
どこで何を買えばいいかわかる。メンズファストファッション・低価格ブランド徹底解説。【ユニクロ・ GU・ZARA・H&M・無印良品・GAP・Forever21・ワークマン】

<ワークマン公式オンラインストアでオススメ商品コラム連載中>
f:id:yamada0221:20181113131353j:plain
プロが伝授!ワークマンでカジュアル!普段着コーデ



 


​ 世界一の圧倒的コストパフォーマンスを誇るユニクロ。そのなかでも随一のコストパフォーマンスなのがこちらの商品だと思います。



ユニクロ|オックスフォードシャツ(長袖)|MEN(メンズ)|公式オンラインストア(通販サイト)

多分10年くらい前のことなので記憶違いもあるかもしれませんが、ファッション誌「装苑」に当時のユニクロのチーフパタンナー(確か前職はヨウジヤマモトの方)のインタビューが掲載されていました。そのときにこのオックスフォードシャツがユニクロ定番商品として毎年パターンも修正が加えられている、と紹介されていたと思います。

オンラインストアの商品紹介文にも

定番だからこそ進化を続ける。高い完成度を誇るオックスフォードシャツ。


とあります。ユニクロは定番商品のバージョンアップが加えられているようで、最近ではスウェットパーカーが2面構造から3面構造になったということがメールマガジンで知らされました。



僕が持っているユニクロのオックスフォードシャツは4、5年くらい前に購入したものです。使い勝手がいいのでかなりの頻度で着用しています。画像からもおわかりいただけると思いますが、かなり使い古した感はありますが、ほつれたり破れたりはしていません。
生地は頑丈なので耐久性がかなりあります







頑丈なのですが、硬くて着づらいというわけではありません。適度な柔らかさがあるので着ていて楽です。また、
オックスフォード生地は凹凸があるので肌触りがよく、汗をかいても生地が肌に張り付きにくいので汗かきの僕はかなり助かっています。長袖ですが夏場は腕まくりをして着ていますし、冬場も電車や飲食店のなかは暖房が効いていて暑いことがあるのでオックスフォードシャツは年中着ています。年中着られるという点でもコストパフォーマンスは高いですね。



また、ユニクロの商品全体的に言えることですが、
縫製のレベルの高さは驚異的です。僕は服飾専門学校でパターンメイキングを学び、フランスのデザイナーブランドでパタンナーのインターンをした経験もあるので最低限の縫製の知識はあるつもりなのですが、シャツの縫製の良し悪しが出る場所は襟とカフスだと思います。布をパターン(型紙)通りに正確に切り、正確に縫っていかないと襟やカフスはきれいに縫いつけられません。

僕はシャツを買うときはかならず襟とカフスの縫い目をチェックするようにしています。





有名セレクトショップで1万円以上するシャツでも襟とカフスの縫い目が乱れている場合がありますが、今までの経験上、ユニクロで襟とカフスの縫い目が乱れている商品に出会ったことはほぼありません
。それだけユニクロの縫製工場のレベルが高いのだと思います。(もしかしたら僕の運が良いだけという可能性もありますが)

さて、ファッション的な視点からするとシャツのなかでもオ
ックスフォードシャツはかなりカジュアルな部類。なのでカジュアルなアイテムとの相性はバッチリです。たとえば古着のワークジャケットだけでなく、



アウトドアの印象が強いマウンテンパーカーなどとも相性が良いので公園や山といったラフに過ごしたい休日でもTシャツよりも上品な印象になります。



もちろんビジネスにも使えます。カジュアルなのでスーツの下に着るのは難しいですが、当ブログでビジネスシーンでの着用をオススメしている
ブレザーとの相性はとても良いので、同じくユニクロのスリムフィットチノと合わせれば立派なビジネスウェアになります。

 

www.yamadakoji.com



これだけ使えるシャツが定価1,990円。セール対象になると1,290円で買える
という驚き。もちろんユニクロ以外にも良いシャツはたくさんありますが、コストパフォーマンスという点ではユニクロの商品が世界一だと思います。

どんな服を買えばいいのかわからない、という人に一番にオススメしたい服
です。買って後悔はさせません。

最後までご覧いただきありがとうございました!